名古屋市を中心に自転車に乗っています。月間700kmが目標です。スピードよりもLSDロングライド志向です。

 

名古屋 川沿いポタリング

09< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>10
このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--
Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --    コメント: --
Posted on 23:04:13 «Edit»
2011
03/30
Wed
Category:ブルベ

BRM326名古屋400km DNF(後編) 

前編の続き

170km地点。飯田の天竜川沿いの1号線に突入。

すでに脚・体力ともへろへろ。
カーブの具合を見るヘルメットライトは故障。
最後尾の完全孤独走行。

・鹿にぶつかる?

1号線に入ってすぐになだらかな下り。
ペダルには力をいれずほぼ惰性で走行。
すでに街灯は無し。真っ暗闇である。
カーブ。自転車本体には前照灯を3本装着していたが進行方向をまっすぐに照らすことしかできない。
ヘルメットライトがないとカーブの先の予測がつかない。
するりとカーブを曲がる。↓ライトに照らされる暗闇の道。
shika00.jpg

びくっ!!
shika_20110330224054.jpg
うあっ!鹿の親子だ!道を塞いでいる。
向こうも「びくっ」と一瞬固まったのがわかった。
そしてなんとこちらに向けて走り出してきた。
ぶつかる!
「ぐおっ!」思わず叫ぶ。
正常な体力なら落車して回避しただろう。
ヘロヘロな私は反射神経もにぶり、成り行きに任せ進むのみ。

鹿の親子はどどどかどかどかと私の左手にある畑に突っ込み走り去った。

あ~びびった~。心臓止まったよ、0.5秒ほど。

この事件が「トラウマ」になった。
この後の真っ暗闇のカーブでは恐る恐る気を使いつつ曲がるようになった。
精神的にもツライしスピードも当然出ない。

どのくらい真っ暗闇かというと、ライトに照らされてるところ以外は真っ黒一色である。
ちょっと休んでオニギリをと手元を見ると何も見えない。透明度0パーセント状態だ。

・落車

ナビはポイントを登録したところ手前と通過したとき10秒だけバックライトが光って
画面が見られる仕掛けだ。
ポイントは約1kmごとに1箇所なのでたまにしか光ってくれない。
そんな中、道なりのカーブでポイント手前のバックライトがついた。
慎重にカーブを曲がると、右手に分かれ道が・・・。
普通なら右手に目もくれず道なりに曲がって行くのだが、やっぱり脳内酸素不足、
ナビがせっかく教えてくれたのだから・・・と右手の脇道へ進んだ。
当然真っ暗闇。ガードレールさえ見えない。
数百m走ってやっぱりナビのコースから外れているのを確認。
引き返そうとUターン。ゾンザイに。何も考えず。
あっ倒れる!右足をとっさに地面につけようとしたが、ビンディングを外すことができない。
ほぼ立ちゴケに近い状態なのだが、いかんせん地面が闇。
いつ地面に叩きつけられるのか?どう転べば良いのか?わからなかった。

衝撃と激痛。両膝をがっつり叩きつけた。
痛くてしばらく立ち上がれない。「イテ~テテテ・・・イテ~」
道路の真ん中にしばらく仰向けでうめいていた。
倒れた自転車のライトが地面を照らしている。
得体の知れない気配に見守られながら立ち上がる努力をしつつ数分後
なんとか自転車にまたがることができた。

ブラケットは当然曲がっている。
チェーンが外れてる。

ん?ナビがぷらんぷらんと命綱にぶら下がっている。
マウントから外れたのだ。はめる、あれ?はまらない。
ぶかぶかの状態になってる。マウントが広がったのか、ナビが小さくなったのか。
あ~どうしよう、ナビが固定できない。
P1010712.jpg
いざというときの布テープでナビをマウントに巻きつけ応急処置。
よほどの衝撃じゃなきゃ大丈夫かな?

しかし膝が痛い。右ひざの方は血が出てる感覚がする。
股もサドルかトップチューブでぶつけたようだ。痛い。
あ~も~かえりたーい。痛ーい。
5歳児並の精神年齢になった。
でも走るしかない。進むしかない。それが現実。逃げられないのだ。
P1010725.jpg
(このときグローブも破れ、指先がこの後凍った。)

・真っ暗闇
真っ暗闇区間50km。漕いで漕いで3時間視界はゼロなのだ。
トンネルも照明ゼロ。10kmごとに1回だけオレンジの街灯があったり
照明(暗め)のあるトンネルがあったりする。
ライトは100ルーメン以上なので進行方向はしっかり照らしてくれるが
その景色はガードレールと壁と木々のみ。ずっと変わらない。
天竜川沿いだけど川の音が聞こえないことが多かった。
真っ暗闇で無音の状態がずっと続くのだ。
当然方向感覚も完全に消失。
ぐるぐる同じ道を繰り返し回っている錯覚に襲われる。
さみしいし不安だしタイムリミットは迫ってきて焦るし。

2時間ぐらい走っただろうか?ちょっとした集落に抜けた。
やった!暗闇区間を抜けた!
あれ?この橋を渡るの?あれ?また全く同じ景色の暗闇区間に突入。
また戻った?
もしかして4次元の空間に入り込んで元の場所にワープしたのかも?
無酸素脳がSF的な見解を打ち出す。
どうしよう、いったん戻って確認しようか?
と悩みつつも進んでいるとスタッフ小澤さんの運転する車に遭遇。
「もうあと10kmぐらいでトンネル区間があって、それで終わりだから」と。
迷ってないこと、次元を超えてないこと、もう10kmでこの暗闇から解放されること、
がわかってすごくホッとした。
久しぶりに人間と遭遇したのも嬉しかった。
P1010713.jpg
(街灯は闇のオアシス)
実際はこの10kmも相当長くツラかったのだけど、とにかく暗闇区間は脱出だ。
ここで1人のブルベライダーに追いついた。
ハンドルのところにBGMのスピーカーを付けて70年代~80年代の歌謡ポップを
流している人だ。この人には他のブルベでも何度もあっている。
でも暗闇の中の井上陽水の「ダンスはうまく踊れない」はちょっと怖かった。

かくいう私もこの「闇ルート」のヘビロテ曲は80年代のナンバー、
爆風スランプの「大きな玉ねぎの下で」。
『キミのための席が冷た~い~っ!』『マジで冷た~い~っ!(アレンジ)』
絶唱。天竜川の自然のDNAに異変が起きたことだろう。

・タイムアウト

次のPC3までは残り15kmほど。時刻は10時40分。
PC3のタイムリミットまで50分ほど。
この出合ったブルベライダーのペースは変わらない。焦っている風にも見えない。
きっと計算通りなのだろう。私もこの人に合わせて走ればPC3に辿り着ける。
なんて今思うと甘い考えでしばらくこの人の後方を走っていた。
ずっと登り恐らく速度は8km~10km/h。これ間に合わないよ。
しばらくしてこの方、スピードをゆるめ停車した。
「どうしました?」
『補給するのでどうぞお先に』
このときはっきり気付いた。あ、この人DNFなんだ。
どちらにしても私がこの登りを平均時速20km/hとかで走れるわけがない。
キューシートによるとPC3までは登り基調なのだ。
タイムアウトは間違いない。
とにかく走り続けた。とにかくPC3まで辿り着こう。時間は気にしない。
そういえば私も腹減った。ウエストバッグに入っている2個のおにぎりにかぶりつく。
凍りかかった米の味気ないこと。具の「ネギ味噌」って完全に失敗だったこと。
真っ暗闇でおにぎり本体が見えないのもあったのかまずくてしょうがなかった。

PC3まで残り数km。
PCではないサークルKが見えた。
時刻は23時40分
PC3のタイムリミットは23時32分。タイムアウトだ・・・。
P1010714.jpg
このサークルKで停まり、頭を整理する。
カラダが冷え切っていたのでここでレインウェアを上下着る。
(なぜもっと早く着なかったのか後悔。)
カナイさんに電話。「タイムアウトでリタイアします。お世話になりました。」
240km地点 DNF宣言

思えば今日はおにぎりかランチパックしか食べてない。あ、パワーバーを食べたっけ。
温かい食べ物を求めサークルKに入り、カップヌードルを買った。
「すみません。店の中で食べていいですか?」
『あ~今誰もお客さんにないんでいいですよ。』
このやりとりがきっかけで店員さんと会話が弾み「ブルベ」のこと、
ここが新城(しんしろ)だということ、新城には漫画喫茶がないこと、
豊川市がこの先にあること、漫画喫茶もそのうちあるはずだ、ということなど
人間との会話にまたほっとし、ゴールまで走ってみる気になった。
カップヌードルも温かくておいしかったし。

深夜午前0時
「輪行」するには路線の情報にしろ始発にしろわからないことが多過ぎる。
レンタカーを借りて知多に乗り捨て?
そんな都合のいい24時間レンタカーがこんな田舎にあるとは思えない。(失礼)
ビジネスホテルに宿泊?
う~ん、残りの距離は知多半島を一周しないで横断してしまえば100km余りってところ。
のんびり走れば朝までにいけるんじゃない?

孤独な自走帰還の旅だった。
睡魔に襲われても仮眠できる寒さをしのげるところが見当たらない。
電話ボックスに飛び込み立ったまま仮眠。
フラフラとPC3のコンビニへ辿り着くと小澤さんが居てくれた。「木村さんですね。」
電話ボックスで仮眠していたのを見られていて眠たいときは眠った方がいいこと、
夜が明けて暖かくなってから帰った方がいいことなどアドバイスを受けた。

なんにしろ進んでみようか。しんしろ(新城)だし。(意味分からん)
新城から豊川。豊川から蒲郡。とてつもなく長く感じた。
気温は下がる一方。それに思ったよりも田舎道をずっと走るコースだ。
ロードサイド店や宿泊場所が全然見当たらない。

蒲郡から西尾市。西尾市で夜が明けた。
とにかく眠い。お腹も空いた。
P1010715.jpg
(ガストに入ろうとするも24時間営業じゃなく準備中。かえって寒く空腹が増す。)
良さそうなところを探しつつ碧南市へ。
漫画喫茶発見!
(写真全然撮ってなかった。余裕がなかったんだねぇ。)
モーニングのトーストを注文し、ポーズで漫画本を1冊テーブルに置き、即爆睡。
1時間後目が覚めて(ケイタイ目覚まし)冷め切ったトーストを食べる。
ドリンクはセルフなので熱いコーヒーが飲めた。
生き返った~!

mapshort.jpg
(青いラインはブルベ正規ルート。赤いラインが私のヘロヘロショートカット)
その勢いでかねてより通りたかった「衣浦海底トンネル」へ。
P1010716.jpg
本来のブルベルートは北へ回り衣浦大橋を渡るのだ。
トンネルを使ってショートカットしないよう途中に通過チェックがある。
私には関係ないもんね♪
でも後悔した。
P1010717.jpg
このトンネルへのアプローチはエレベーターじゃなく、
P1010718.jpg
自転車を押してひたすら階段で地下11階へ。
P1010719.jpg
そして狭いトンネルを500mほど走ったらまた階段で地上へ。
300km走って来た脚には酷。

でもなんか想像してたのと違った(笑)結構地味。
自転車も通れる「海底トンネル」だからてっきり手塚治虫的な何か・・・。

トンネルを出て半田まで5回のパンク
前輪の全く同じところ。明るいところで確認しても分からない。
リムテープに高圧のチューブが押し付けられることで裂け目が出るのだろうか?
タイヤをはめる作業で親指の爪から血が出てるし痛い。
P1010722.jpg
修理に都合2時間はかけただろうか。
ゴールのタイムリミット午前10時までに着く夢はアッサリ潰えた。
もう3barのぷよんぷよんでゆっくり走ることにした。開き直った。
P1010723.jpg
知多半島を半田から常滑まで横断し、その後はブルベ設定ルートに。
風は強いが天気はいい。
知多農道を走るサイクリストが私のことを何度も振り返って確認。
うん、私がその立場だったらそうする。なんでこんなところをブルベライダーが?って思う。

ゴールの海釣り公園には11時30分ごろ到着
当たり前だけどスタッフも誰も居ない。
さびしく自販機の栄養ドリンクを飲み、車に戻るといちゃむさんが待っていてくれてた。
というかゴールして車で眠っていたらしい。
ブルベの感想談義に花を咲かせお別れ。
P1010728.jpg
車で帰宅中、睡魔が襲ってくる。「家に帰るまでがブルベです。」
コインパーキングにクルマを停め眠る。
ペダルイ2号さんに電話。完走したとのこと。
他のみんなもほぼ完走したらしい。よかったよかった。
600kmの攻略話で盛り上がり(気が早い?)もう一眠り。
自宅には14時過ぎに到着。

きつくて
寒くて
眠くて
寂しくて
怖くて
あきらめて

楽しい楽しいブルベでした。
今度は完走するぞ!おうっ!
次のブルベはまだ未定だけど。
P1010730.jpg
---------------------------
走行距離 356km
トリップ時間 27時間13分
走行時間 21時間53分
停止時間 5時間19分
平均速度(ネット) 16.3km
平均速度(グロス) 13.1km
最高速度 61.4km
獲得標高 4042m
最高高度 1203m
--------------------------
 
あの真っ暗な県道1号。
お疲れ様でした。

完全に日が暮れる前に抜けられれば、違う結果になったのかもですね。
次回600km、頑張りましょう!!
やっぱ400は走らないで、600×2をしろと、ブルベの神様の思し召しなんですよね♪

4月名古屋600ですか?
  by yu-G
 
なんだかスゴ過ぎて言葉が出ないです・・・・(;^_^)
鹿さんと格闘にならなくて良かったね。
DNFだとしても356km走ってこの盛り沢山な内容は
恐れ入りましたと言わせてもらいます。

とにかく無事で良かった良かった。
お店の開店準備も有るんだし怪我だけは気を付けてね~!!
  by らぼ番しもせ
 
らうむさんが400DNFなんで?って思いましたけど、これは厳しすぎる状態だったんですね

中部400走れるかやっぱり微妙な状態だけど、行けそうなら直前で依頼して参加しようと思ってるので、ご一緒できるようであればよろしくです
  by みぶ
 
こんな過酷な後半が待っていたなんて;
しかも、鹿さん、獣は怖いです。
コース的に400kmって厳しいですよね。
タイムアウトが迫るし600kmのが余裕ありますね。
  by 恵壱
 
お疲れ様でした。 やっぱりブルベやらなくてよかったです・・・

東京ツアーなんか屁の河童祭ですね。ブルベやってる木村さんも

他の参加者の皆様もある意味俺から言わせれば昨日のKING KAZU

ですわ(笑)  鹿との遭遇より、今度は河童探しにイルカ池か天狗探しに犬山行きましょう!! もちろん夜は息子が天狗ですが・・・
  by れんた
 
すご過ぎますって(汗)
ネタが盛り沢山すぎて、さすがキング・オブ・ブロガーブルベスト(笑)
それにしても鹿に出会っていたとは驚きです。
僕も天竜川の峡谷で、2回ほどサルを見ましたがそんなレベルじゃないです。
ぶつからなくて良かったですね^^

スタッフの方が言われていたK1の暗闇も凄かったみたいで…
手元のおにぎりが見えないとは一体どんだけ暗いことか。

なんにせよ、お疲れ様でした。
僕もらうむ木村さんなみにネタを盛り込みながら走れるようになりたいですww
  by めばる君
 
涙と感動で、手に汗して読みました。(笑)
夜中の山中で鹿に出くわすと、鹿の目ん玉にライトの光が当たり真っ赤に見えます。腰を抜かすほど驚いた事が私にもあります。
次回600キロもゴールでお待ちしています。
その前に反省会かな…。
  by gen@大王
 自転車で鹿とは
喧嘩したら危なすぎますよね.昔北の国でそれこそ真っ暗な田舎道で鹿に横っ腹当てられた(友人の車ですが)ことありますが,恐ろしいってもんじゃないですよ.当てられなくて良かったですね.
でも落車時の怪我は大丈夫ですか?直後はアドレナリン出てたりして気になりませんが時間がたつと結構いろいろ痛くなると思いますので.

まずは体を養生してくださいね.
ブルベの過酷さ充分味わえるレポートありがとうございました(^^)
  by zola
 
あわわ、こんなにすごい後半戦だったとは!

おいらなんてとてもおこがましい…闇夜の中の小動物と一緒に

パンク修理なんてちっさいことだった!

ちなみにおいらは中部400はエントリーしませんよ。
前の日が東京日帰り出張なので…また睡魔の女王が王子様を
連れてやってくることになると思うので
  by 健太
 
らうむさんこんにちは。

今年らうむさんのブログで雪景色を見るのは何度目でしょう・・・・
寒さの中、激闘お疲れ様でした。
大きなお怪我がなくて良かったです。

ショートカットしても360km近くあるのですね・・・・(*。*)
本当にお疲れ様でした。
  by Xman
 
あ~、なんと壮絶なブルベの旅。涙がでます。
ヘッドライトも、事前に点灯チェックしたのに点かないなんて・・・。ああ、なんてこったい。しかもなぜかパンクしまくり!ああ、なんてこったい。

結局自走で帰ってくるところにらうむ魂をみました!
きっと不死鳥のようによみがえり、SRになることでしょう!ビバらうむさん!
  by しいはら
 
お疲れ様でした。
改めて、ブルベの過酷さを実感させられるレポでした。
途中の鹿は向うも驚いたことでしょう^^ブルベってとんでもない山道を真夜中に走ることが普通ですので、色んな罠がちりばめられてますよねぇ。
  by ひで
 yu-Gさま<
お疲れさまでした!完走おめでとうございます。
真っ暗でした。最初から最後まで(笑)
平均時速20km/hでそれまでの距離をこなしてれば
明るいうちにダムまで辿り着いた計算だったのに・・・。
600×2 う~ん、、、
でも中部400より名古屋600×2のほうがいける気がする。
スケジュール次第ですが前向きに考えておきます。
  by らうむ木村
 らぼ番しもせさま<
いや~「DNF」ってあとからじわじわと「もっといけたんじゃ?」
「もっとがんばれたんじゃ?」って悔しさがこみ上げてきますね。
実際はそのときの力は出し切ったんでしょうけどね。
でも他のみんなの完走報告が伝わってくると、、、あ~悔しいかも。

お店の開店準備なかなか順調です。
でも1ヶ月で準備というのはタイトですね。いろいろ無理がある(笑)
がんばります!
  by らうむ木村
 みぶさま<
連続パンクって精神的にきますね。
ライトの故障も痛かった。
「言い訳」とか「負け惜しみ」じゃないのはみぶさんにはわかるでしょう。
私もまだ今のところ中部400、微妙です。
コースとスケジュールと両方(笑)
みぶさん、走れるようなら走って欲しいな~。
  by らうむ木村
 恵壱さま<
そうなんですよね。400kmは去年も一番きつかった気がする。
400kmっていつも「タイム」を気にしなきゃ行けない。
しかも前半峠越えだから、坂が遅い私は「仮眠の時間がなくなる~」と。
鹿怖かったです。すごくデカク見えたし。
「600km」走りたいです。
  by らうむ木村
 れんたさま<
いやいや東京行きの方が今回の私よりペースは速いし距離も長いんです。
ま~コース的にはブルベの方がツラカッタけど、勝さんクリアしちゃってるんですよね。
KING KAZUは我ら中年の星ですね。
河童とか天狗のほうが鹿より怖い(笑)
入鹿池とか犬山とかの100kmライドやりたいです。
夜の息子はひきこもっております・・・。
  by らうむ木村
 めばる君さま<
そうか~そうなんですね、めばる君さんは日が暮れる前にダムに着いたんですもんね。
それ私もそうしたかった・・・。
キューシートに書き込んだ「予定時刻」はそのぐらいだったんですけどね。
サルもいきなり現れたら怖いです。
正直「体調管理」ともろもろメンテをもっとしっかりしないといけなかったな~と
後悔しています。
そのぶんネタはできたんですが、やっぱり完走したかったな~。
また頑張ります!
  by らうむ木村
 gen@大王さま<
いえいえお恥ずかしい(汗)
さすがですねぇ。鹿との遭遇は体験済みでしたか。
ホントにビックリしますよね、デカイし。
私も大阪行きのときと2度目(そのときも2頭だった)ですが、
目ん玉までしっかり見ることはできませんでした。今度はしっかり、でも怖いな~。
反省会やりましょう!
ペダルイ2号さんが企画してくれると思います。
私は残念ながら下戸ですがよろしくお願いします。
  by らうむ木村
 zolaさま<
鹿はホントでかいですよね。草食動物の生き残る進化だったんでしょうね。
ありゃ肉食動物でもびっくりしますよ。
そう、普通落車したときはアドレナリンでそんなに痛くないんですが、
今回はアドレナリンが逆に全然なかったのでしょう。転んだそばから痛かったです(笑)
今は患部に何かが当たると痛い!って感じのみです。
これなら自転車だいじょうぶです。
今後ともよろしくお願いします。
  by らうむ木村
 健太さま<
いえいえあの真っ暗闇のなか、しばらく同じ場所にいる恐怖、大変なことです。
「ライト3灯」の意味が分かりましたねぇ。
中部400は万全の体調で臨んだ方がいいでしょうね。
かなりきつそうですから。睡魔が一番の強敵です。正解だと思います。
  by らうむ木村
 Xmanさま<
ホントすみませんでした!
Xmanさんの待機地点まで辿り着けませんでした、ごめんなさい。
頂上が「スキー場」って知っててもピンと来なかったんですよね。
あんなに雪が積もってて、氷点下の世界だったとは・・・。
でも楽しい旅でした。またご一緒ください。よろしくお願いします。
  by らうむ木村
 しいはらさま<
ははは、ご自分も走ってるのに(笑)
ヘッドライトは正直かなりパニクりましたね。
頼るライトには頑丈なモデルを!ですね。
自走は結局『ゴミ袋輪行』と天秤にかけながら、どちらが面倒じゃないか・・・。
まさかあんなにパンクが頻発するとは思わなかったし。
さ~今後どうなりますやら。正直今チョット危うい状態です。
前向きに考えます!
  by らうむ木村
 ひでさま<
ありがとうございます!
「ブルベ」って色々奥が深いですよね~。
冒険家とか登山家とかの気持ちがわかりますもん。
「恐怖」とか「孤独」とか「睡魔」「幻覚」、
過酷な世界ってこういうの乗り越えるのが楽しいんでしょうね。
ひでさんのブルベレポートも楽しみにしています。
  by らうむ木村
 
シカが~
イノシシやクマでなくてよかったです。
お店できたら行きますのでがんばってください。
  by pot
 potさま<
え~?イノシシとかクマはホント勘弁です(笑)
人生リタイアすることになりそう(汗)
お店、楽しい溜まり場にしようと準備しています。
たくさんお話しましょう!
  by らうむ木村
 
>でも暗闇の中の井上陽水の「ダンスはうまく踊れない」はちょっと怖かった。
いやー、大爆笑です!
らうむさん、このブログ本にしませんか?
売上はもちろん皆で山分けで!!!
  by -
 コメント 
あの真っ暗な県道1号。
お疲れ様でした。

完全に日が暮れる前に抜けられれば、違う結果になったのかもですね。
次回600km、頑張りましょう!!
やっぱ400は走らないで、600×2をしろと、ブルベの神様の思し召しなんですよね♪

4月名古屋600ですか?
なんだかスゴ過ぎて言葉が出ないです・・・・(;^_^)
鹿さんと格闘にならなくて良かったね。
DNFだとしても356km走ってこの盛り沢山な内容は
恐れ入りましたと言わせてもらいます。

とにかく無事で良かった良かった。
お店の開店準備も有るんだし怪我だけは気を付けてね~!!
らうむさんが400DNFなんで?って思いましたけど、これは厳しすぎる状態だったんですね

中部400走れるかやっぱり微妙な状態だけど、行けそうなら直前で依頼して参加しようと思ってるので、ご一緒できるようであればよろしくです
こんな過酷な後半が待っていたなんて;
しかも、鹿さん、獣は怖いです。
コース的に400kmって厳しいですよね。
タイムアウトが迫るし600kmのが余裕ありますね。
お疲れ様でした。 やっぱりブルベやらなくてよかったです・・・

東京ツアーなんか屁の河童祭ですね。ブルベやってる木村さんも

他の参加者の皆様もある意味俺から言わせれば昨日のKING KAZU

ですわ(笑)  鹿との遭遇より、今度は河童探しにイルカ池か天狗探しに犬山行きましょう!! もちろん夜は息子が天狗ですが・・・
すご過ぎますって(汗)
ネタが盛り沢山すぎて、さすがキング・オブ・ブロガーブルベスト(笑)
それにしても鹿に出会っていたとは驚きです。
僕も天竜川の峡谷で、2回ほどサルを見ましたがそんなレベルじゃないです。
ぶつからなくて良かったですね^^

スタッフの方が言われていたK1の暗闇も凄かったみたいで…
手元のおにぎりが見えないとは一体どんだけ暗いことか。

なんにせよ、お疲れ様でした。
僕もらうむ木村さんなみにネタを盛り込みながら走れるようになりたいですww
涙と感動で、手に汗して読みました。(笑)
夜中の山中で鹿に出くわすと、鹿の目ん玉にライトの光が当たり真っ赤に見えます。腰を抜かすほど驚いた事が私にもあります。
次回600キロもゴールでお待ちしています。
その前に反省会かな…。
自転車で鹿とは
喧嘩したら危なすぎますよね.昔北の国でそれこそ真っ暗な田舎道で鹿に横っ腹当てられた(友人の車ですが)ことありますが,恐ろしいってもんじゃないですよ.当てられなくて良かったですね.
でも落車時の怪我は大丈夫ですか?直後はアドレナリン出てたりして気になりませんが時間がたつと結構いろいろ痛くなると思いますので.

まずは体を養生してくださいね.
ブルベの過酷さ充分味わえるレポートありがとうございました(^^)
あわわ、こんなにすごい後半戦だったとは!

おいらなんてとてもおこがましい…闇夜の中の小動物と一緒に

パンク修理なんてちっさいことだった!

ちなみにおいらは中部400はエントリーしませんよ。
前の日が東京日帰り出張なので…また睡魔の女王が王子様を
連れてやってくることになると思うので
らうむさんこんにちは。

今年らうむさんのブログで雪景色を見るのは何度目でしょう・・・・
寒さの中、激闘お疲れ様でした。
大きなお怪我がなくて良かったです。

ショートカットしても360km近くあるのですね・・・・(*。*)
本当にお疲れ様でした。
あ~、なんと壮絶なブルベの旅。涙がでます。
ヘッドライトも、事前に点灯チェックしたのに点かないなんて・・・。ああ、なんてこったい。しかもなぜかパンクしまくり!ああ、なんてこったい。

結局自走で帰ってくるところにらうむ魂をみました!
きっと不死鳥のようによみがえり、SRになることでしょう!ビバらうむさん!
お疲れ様でした。
改めて、ブルベの過酷さを実感させられるレポでした。
途中の鹿は向うも驚いたことでしょう^^ブルベってとんでもない山道を真夜中に走ることが普通ですので、色んな罠がちりばめられてますよねぇ。
yu-Gさま<
お疲れさまでした!完走おめでとうございます。
真っ暗でした。最初から最後まで(笑)
平均時速20km/hでそれまでの距離をこなしてれば
明るいうちにダムまで辿り着いた計算だったのに・・・。
600×2 う~ん、、、
でも中部400より名古屋600×2のほうがいける気がする。
スケジュール次第ですが前向きに考えておきます。
らぼ番しもせさま<
いや~「DNF」ってあとからじわじわと「もっといけたんじゃ?」
「もっとがんばれたんじゃ?」って悔しさがこみ上げてきますね。
実際はそのときの力は出し切ったんでしょうけどね。
でも他のみんなの完走報告が伝わってくると、、、あ~悔しいかも。

お店の開店準備なかなか順調です。
でも1ヶ月で準備というのはタイトですね。いろいろ無理がある(笑)
がんばります!
みぶさま<
連続パンクって精神的にきますね。
ライトの故障も痛かった。
「言い訳」とか「負け惜しみ」じゃないのはみぶさんにはわかるでしょう。
私もまだ今のところ中部400、微妙です。
コースとスケジュールと両方(笑)
みぶさん、走れるようなら走って欲しいな~。
恵壱さま<
そうなんですよね。400kmは去年も一番きつかった気がする。
400kmっていつも「タイム」を気にしなきゃ行けない。
しかも前半峠越えだから、坂が遅い私は「仮眠の時間がなくなる~」と。
鹿怖かったです。すごくデカク見えたし。
「600km」走りたいです。
れんたさま<
いやいや東京行きの方が今回の私よりペースは速いし距離も長いんです。
ま~コース的にはブルベの方がツラカッタけど、勝さんクリアしちゃってるんですよね。
KING KAZUは我ら中年の星ですね。
河童とか天狗のほうが鹿より怖い(笑)
入鹿池とか犬山とかの100kmライドやりたいです。
夜の息子はひきこもっております・・・。
めばる君さま<
そうか~そうなんですね、めばる君さんは日が暮れる前にダムに着いたんですもんね。
それ私もそうしたかった・・・。
キューシートに書き込んだ「予定時刻」はそのぐらいだったんですけどね。
サルもいきなり現れたら怖いです。
正直「体調管理」ともろもろメンテをもっとしっかりしないといけなかったな~と
後悔しています。
そのぶんネタはできたんですが、やっぱり完走したかったな~。
また頑張ります!
gen@大王さま<
いえいえお恥ずかしい(汗)
さすがですねぇ。鹿との遭遇は体験済みでしたか。
ホントにビックリしますよね、デカイし。
私も大阪行きのときと2度目(そのときも2頭だった)ですが、
目ん玉までしっかり見ることはできませんでした。今度はしっかり、でも怖いな~。
反省会やりましょう!
ペダルイ2号さんが企画してくれると思います。
私は残念ながら下戸ですがよろしくお願いします。
zolaさま<
鹿はホントでかいですよね。草食動物の生き残る進化だったんでしょうね。
ありゃ肉食動物でもびっくりしますよ。
そう、普通落車したときはアドレナリンでそんなに痛くないんですが、
今回はアドレナリンが逆に全然なかったのでしょう。転んだそばから痛かったです(笑)
今は患部に何かが当たると痛い!って感じのみです。
これなら自転車だいじょうぶです。
今後ともよろしくお願いします。
健太さま<
いえいえあの真っ暗闇のなか、しばらく同じ場所にいる恐怖、大変なことです。
「ライト3灯」の意味が分かりましたねぇ。
中部400は万全の体調で臨んだ方がいいでしょうね。
かなりきつそうですから。睡魔が一番の強敵です。正解だと思います。
Xmanさま<
ホントすみませんでした!
Xmanさんの待機地点まで辿り着けませんでした、ごめんなさい。
頂上が「スキー場」って知っててもピンと来なかったんですよね。
あんなに雪が積もってて、氷点下の世界だったとは・・・。
でも楽しい旅でした。またご一緒ください。よろしくお願いします。
しいはらさま<
ははは、ご自分も走ってるのに(笑)
ヘッドライトは正直かなりパニクりましたね。
頼るライトには頑丈なモデルを!ですね。
自走は結局『ゴミ袋輪行』と天秤にかけながら、どちらが面倒じゃないか・・・。
まさかあんなにパンクが頻発するとは思わなかったし。
さ~今後どうなりますやら。正直今チョット危うい状態です。
前向きに考えます!
ひでさま<
ありがとうございます!
「ブルベ」って色々奥が深いですよね~。
冒険家とか登山家とかの気持ちがわかりますもん。
「恐怖」とか「孤独」とか「睡魔」「幻覚」、
過酷な世界ってこういうの乗り越えるのが楽しいんでしょうね。
ひでさんのブルベレポートも楽しみにしています。
シカが~
イノシシやクマでなくてよかったです。
お店できたら行きますのでがんばってください。
potさま<
え~?イノシシとかクマはホント勘弁です(笑)
人生リタイアすることになりそう(汗)
お店、楽しい溜まり場にしようと準備しています。
たくさんお話しましょう!
>でも暗闇の中の井上陽水の「ダンスはうまく踊れない」はちょっと怖かった。
いやー、大爆笑です!
らうむさん、このブログ本にしませんか?
売上はもちろん皆で山分けで!!!
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

前編の続き170km地点。飯田の天竜川沿いの1号線に突入。すでに脚・体力ともへろへろ。カーブの具合を見るヘルメットライトは故障。最後尾の完全孤独走行。・鹿にぶつかる?1号線に入ってすぐになだらかな下り。ペダルには力をいれずほぼ惰性で走行。すでに街灯は無し。真?...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。