名古屋市を中心に自転車に乗っています。月間700kmが目標です。スピードよりもLSDロングライド志向です。

 

名古屋 川沿いポタリング

03< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>05
このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--
Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --    コメント: --
Posted on 13:52:02 «Edit»
2010
09/23
Thu
2010年9月20日(月・祝)
のりくら00
乗鞍スカイラインを登りきった。
初めての乗鞍畳平に感動しつつ
12時ジャスト下山。

そう、反対方向の長野県松本市の方へ。
100920 (51)
「乗鞍ダブル」に向け、乗鞍エコーラインをくだるのだ。 100920 (52)
(下りの写真はこの1枚のみ。だって怖かったんだもん。)
雨でスリッピーな路面。
エコーラインはメンテがあまり行き届かず細い亀裂や段差も多い。
道幅も狭いところが多いし、ヘアピンカーブもたくさん。
急カーブを上って来るバスの鼻先が完全に進路をふさいでしまう。
減速が間に合わなければ、ぶつかってしまう。
ゴロンと20cmぐらいの岩が道の真ん中に転がっていたり。(この岩は帰りにもまだあった。)
実際、マイカー規制だし、
制限時速20~30kmを厳守するバスやタクシーばかりなのだから
少々の路面の荒れは問題にならないのだろう。
しかし自転車の下りでは気を使う。
もっともこちらも20~30kmで下っていけば充分安全なのだが。
そうなると、1時間も下り続けることになる。
だから少しだけ速度オーバーで安全に。
ブレーキを掴む握力がなくなってきた。HSさんに知らせ休憩してもらった。
手をブランブランさせて「無理して命なくすよりは…」と。
この休憩はもう1回やった。
雨じゃなかったら、もっと要領よく下れただろうけど。
でも下り甲斐のある距離だった。
40分かけて20km下って「乗鞍観光センター」に着いた。
100920 (54)
12時40分。お昼どきだ!
100920 (58)
500円の山賊バーガーをいただく。(お茶無料)
鶏肉のバーガーだが濃い目のタレが疲労した体にはちょうど良かった。
ツイッターで報告しようかとアクセスしたら、
HSさんのママさんが既に報告済みだった。
「あ~畳平でメールしておいたから…」
さすがだ。爪の垢をせんじて飲ませてください。感謝感謝。
100920 (60)
でかいサドルバッグは防寒着と
レインウェアでいっぱいにしていた。
100920 (59)
レインウェアはゴアテックスなので、
そのまま防寒着としても使える。
普通のレインウェアで20kmも登れば蒸れるどころか
中は汗でびしょ濡れで重くて邪魔でしょうがなくなるが、
ゴアテックスは軽いし快適。
雨の中のロングライドや山岳ライドにはオススメ。
HSさんもゴアテックスだ。
100920 (61)
13時20分。
さー、二度目の畳平に向けエコーラインに乗る。
このとき雨は止んでいたので、半袖ジャージで出発。
マイカー規制のおかげで並走しておしゃべりができる。
完全並走ではなく、斜め並走でお互いの声が届きやすいように。
バスやタクシーが来ると100m以上の範囲で音でわかるので
「バス~」と言いながら左に縦に並んで寄れる。
バスやタクシーと遭遇するのは20分に1回ぐらいか。だからおしゃべりが盛り上がる。
このときのテーマは「宗教でもうける」。
「牧師のアルバイト相場」「新興宗教の闇」など、なんだか危ない話。
やおらHSさんが
「もう半分来ましたよ。2時間は楽勝で切れますよ。」と。
『ほほ~やりますな~ウチら。エコーライン楽勝じゃないっすか?』
100920 (63)
そうそう!HSさんは組み上げたばかりのデローザのクロモリ。
しぶい!かっこいい!
100920 (66)
100920 (64)
雨足が強まってきた。
景色のいいところで休憩がてらレインウェアをはおる。
・・・
どこからだったろう。ふたりとも口数が減り、無言になり…。
メーターの距離計の数字が全然伸びない。
視界は10m先は白い霧の中。メリハリがない。
一度、下界が見える広い路肩で休憩。霧で何も見えないけど。
また走り出す。もうだめ。腰がパンパン。腕もしびれてきた。
もう一度だけ、もう一度だけ休憩を…。

そんなとき、山荘発見!

入り口横には自転車ハンガー設置が設置してある。
コーラなどのペットボトルドリンクを冷やしている。
ヘロヘロ自転車乗りウェルカムだ!
「休憩しましょう」
HSさんは下りのときにこの山荘に目をつけていたそうだ。
やったーっ!キューケーイッ!タスカッター!
100920 (67)
いただいたのはもちろん、コカコーラ!

この山荘のご主人もどうやら自転車乗りらしい。
100920 (68)
薪ストーブに火を入れ話につきあってくれた。
テーマは「自転車ブームについて」。
100920 (69)
癒されました。ありがとうございました。

さてさて元気が戻ったところで軽快に出発。
「おー?足が回る!いけそうっすね!このまま。」
5分後。
「・・・・・」ふっはーふんはーぐっはう。
ペダルはギッシ、ギッシ、(イメージ)
100920 (71)
雨が降ってきた。冷たい雨。視界は真っ白。
もうレインウエアを着ているので、着替えるために停まる必要もない。
ここで停まると、気力が折れてしまいそうで怖いし。
景色のない世界でただペダルを漕ぎ続け登り続ける。
メーターの残り距離だけが励みだ。
でも全然減らない。
これは霧じゃなく「雲」だ。
雨は雪みたいに冷たい。

『「雨」という名の「雪」だ。』
お?↑名言が飛び出したよ?
あ、なんだっけ?あの歌のタイトル。
「外は冬の雨、まだやまぬ、
この胸をぬらすように…」
(フルコーラス歌詞見ないで歌えます(笑))
あ、「氷雨(ひさめ)」だ。

こういうの「氷雨」っていうのかな?

下界の人たちは、
まさか今私が雪みたいな雨に凍えてるなんて
想像してないだろうな~。
指先がかじかんできた…。
これは「冬」だ。真冬だ。
寝るな、眠っちゃダメだ…おーいっおーいっ
それは大げさだけど、
登山で遭難する人の気持ちが少し分かった気がする。
自然にはかなわないんだね。
100920 (72)
「あともう少し!」HSさんに励まされ、正気をなんとか保ちつつ
なんとかかんとかフラフラヘロヘロ畳平!!
100920 (75)
乗鞍ダブル達成!
「ひーっひーっ死ぬかと思った。死ねますねぇこれは。」と、
答えに困る達成感をHSさんに投げかける。

とにかく建物の中へ。目の前の建物しか分からない。
向かいの建物や少し先の建物は雲の中。かろうじて照明が見える程度。
食堂やお土産屋さんをやっている建物に入り、2人の若いローディーに出会う。
本日2回目の登頂に驚かれた。(おっさんもなかなかやるでしょ?)
100920 (73)
100920 (74)
完全冬装備。
長指スキー用の手袋、レインウェア(ゴアテックス)上下、
中にはウインドブレーカーベスト、レッグウォーマー。
冗談で持ってきたフェイスマスクもグッジョブ!

ヘロヘロピークで写真を全然撮らなかったオレ、バッドジョブ…。

慎重に慎重にスカイラインを下る。
100920 (76)
それでもエコーラインと比較すると、道幅は広いし、路面はキレイだし、
見晴らしもいいところが多い。
スケールに違いはあるが、エコーラインは池田山、スカイラインは二之瀬って感じだ。
気持ちよく下れるのはスカイラインの方だろう。

晴れた日に気持ちよく登って下りられるのはスカイラインの方だろう。
あ、もちろん登りの「きつさ」は甲乙つけがたく…
どちらも私にはキツイ。
キツサの限界を超えてるのでどちらがキツイなんてわからなかった。
どちらもキツイ。
(平湯峠を合わせるとスカイラインのほうがきつい)

それでもあっという間に麓まで下り切り、温泉街を走り、
アカンダナ山を1kmほど登り、駐車場へ!
17時30分!
駐車場の制限時間が17時30分ってことで慌てたのだが、
少々の猶予は当然のようで、あせって損した(笑)…。
駐車場は1日500円。

さ~どの温泉に入ろう。
どの温泉宿も「立ち寄りOK、500円」
で統一されているようでよりどりみどり。

比較的駐車場に近いところにあった「湯元館」にクルマを入れた。
「当たり」だった。ホンモノ!まちがいない!
最初は2人の貸しきり状態。ゴクラクゴクラク。
立ち込める硫黄の匂い。
庭園風の贅沢露天風呂。
いいの?500円で?

生き返るぅ!それほど湯の温度は高くないのだが、
カラダの芯まであったまったのだろう、
自宅に帰ってからもぽかぽかが持続していた。

帰りも高速道路(1000円)を使い、3時間ほどでHSさん家に到着。
(途中「すき屋」で夜ご飯。)
やはり話題は尽きず、あっという間の3時間だった。
おかげで眠気も全然感じなかった。
一人遠征もいいけど、
仲間と一緒に行くのも道程の時間が短く感じられて良いですねぇ。
より楽しいし。

この「乗鞍ダブル」企画。1日中乗鞍で遊べるナイスな企画です。
帰りの本物の温泉もタマリマセン。
またみなさんご一緒に…と言いたいところですが、
しばらくは「乗鞍満腹」状態が続きそうです(笑)。
もうしばらくはいいかな。

「雪壁の乗鞍」(5月中ごろ~)の頃にはうずうずしていることでしょう。
s-080603norikur022.jpg
乗鞍へのお誘いお待ちしております。
 
もう少し時期が早ければ、重装備じゃなく、上りも
(多少は)ラクだったかもしれませんね。

というコトで、
次回は晴れた日に「休憩ナッシング乗鞍ダブル」で!
  by よう
 
新しい登山ですな。
目から鱗がポロん。

歩くほど時間はかからず、
車のようにあっと言う間でもない。
富士登山駅伝のごとく登って下ってもよし。
くち~ぶぇ~吹きつ~つ~♪えっほえっほ♪もよし。
わたしは、そんな登山を探していた。
(流れで・・・畳平で靴を履き替えて山歩きしているツワモノもハッケン!)
くー。これだったか。

いや。
とはいえ、まだまだ乗鞍にゃ行かないけど。
どんな登山にも訓練てありますからねー。
にしても、楽しそうデス。。。
あたしゃ、、また騙されてる?!
  by さかな
 
日野美歌がいきなり道路に飛び出してきて「氷雨」を歌いだしたら面白いけど・・・
そうなるとB級ホラー映画の世界だね・・・・(^_^;)

平湯温泉は良いよね~!!
湯元館も懐かしいなあ・・・向い側のお店で温泉卵買って食べたなあ・・・
あ~~~!!いかん!!行きたくなっている・・・・。
もちろん乗鞍ではなく平湯ですよ!!(汗)
  by ラボ番しもせ
 
すごすぎます…
以前、読んだBRM321の再現かと思いました…

が…

今回は無事ミッションクリアー^^

乗鞍は来年温かくなったら、誘ってください。
待ってます。

あっ。近場ならいつでもいいですよ^^
  by めばる君
 
うわあー
やっぱり下りも上り返しも雨霧ですか。
そしてこの秋めいた時期で寒かったかと思います。
もう冬のあしあと聞こえてくるようなもんです。

位ヶ原山荘はポンプやローラー台も置いてある
山荘で野麦峠のお助け小屋的存在ですね。
丁度良いところにあって助かります。

次はぜひ雪壁と青空を拝めると良いですね。
何度か行けばいつかはそんな日にめぐり合えると思います。
  by 恵壱
 
エコーライン、後半の無口な区間・・・、思い出しました。正直、ちょっとつらかったっす。寒かったし、突風でハンドル取られるのも、久しぶりの感覚でちょっと怖かったです。
しか~し!やっぱりめちゃめちゃ楽しかったです。タイムトライアルでダブルは勘弁ですが、自分のペースでゆっくりでいいなら全然OKです。
行かない理由は思いつきません!温泉もサイコー!

家に帰って、ルートラボ見て冷静に考えると、スカイラインは、平湯温泉からの10キロで平均8パーセント、後半10キロが6.7パーセント、コレに対し、エコーラインは前半10キロが5.6パーセント後半10キロが7.5パーセント。
う~む、コレはスカイライン20キロ+エコーライン前半の10キロを上り、疲れている体に、ヒトケタの気温と、体が芯から冷えるほどの冷たい雨だったことを考えると、上りのラスト10キロはかなりのパンチですね。
40すぎのおっさん二人、頑張りましたよね。うんうん。

しかし、らうむさんは、ブロガー魂で、少ないとは言え、ちゃんと写真を撮っていてすごいですね。
で、次はどこにいつ行きます?僕はマウイ島のハレアカラに登りたいんですが。
  by HS
 
らうむさん♪凄~い♪ 
スカイラインを上ったから エコーラインは延々下りで気持ちいいのだろうと思ってましたが 「ブレーキを掴む握力がなくなってきた。HSさんに知らせ休憩してもらった。」 そんなこともあるんですね 下りがしんどいなんて 今まで聞いたことが無いです
・・・でも 20kmも延々下るんですもんね そりゃそうですよね・・・
ハッ・・・∑∑( ̄□ ̄;)ってことは 上りは延々上りっぱなしなんですよね 
やっぱ恐るべし乗鞍です♪
最後の下りの写真 キツさがヒシヒシと伝わってきます
らうむさん 本当に頑張ったのですね♪ お疲れ様でした
次回は一緒に行きましょう♪
  by スーパーhiroちゃん
 
おつかれさまです。

やっぱり乗鞍も天気悪かったんですね~。
乗鞍のやや南側に居ましたが、標高の低い山でも寒くて×2、大変でしたもん。

次は、距離を稼いで野麦+乗鞍ダブル??
期待していますよw
  by yu-G
 
ようさま<
いやーゆっくり登りますからねぇ、重装備でも軽くても
変わらない感じがします(笑)
とは言え、夏の乗鞍にも興味ありますね。
頂上で凍えずにゆっくりしたいです。
「休憩ナッシング」…もういっそのこと畳平の休憩も無しで
観光センターでも足着かずにUターンしてってのはいかがでしょう?
80kmずっと休みなし、足着き無し。
え~もちろん、ようさんが。私には無理無理(笑)

さかなさま<
ええまさに「登山」を意識しました。
ゆっくり安全第一、景色と空気を楽しんで。
現実はHSさんに「登山がこんなに苦しいわけないでしょ?」
なんて泣き言も入れてましたが(汗)
(登山はもっと苦しいかもです。)
3000m級の山岳をあんなに手軽に楽しめるんですからね、
やらない手はないですね。
本当の話、靴を背負って、カギも持っていって、手頃な魔王峠に
歩いて登りましょう!って企画はありました。
「往復ビンタ」とどっちにしよう?って(笑)
富士山は5合目までしか登れないけど、乗鞍は畳平近くの峠がいっぱい。
今度行きましょうよ、登りましょうよ。
バスでもいいですけどね、酔いそうで(笑)

まずは二之瀬ですね。二之瀬をゆっくり休憩しながら。
途中でおにぎり食べながら。もうシーズンですから。
誘ってくださいませ。本気で待ってます。

ラボ番しもせさま<
ホント(笑)ホラー映画に濃い霧がよく使われてる理由が分かりました。
それだけで恐い。日野美歌なら歓迎かも(笑)イヤ恐い!
お?平湯温泉体験者でしたか?
湯元館、ステキなたたずまいで、「泊まりたいな~」と。
温泉卵!!忘れてました!そっかー!しまった!
行きましょう行きましょう、温泉卵食べに、平湯まで。
ついでに乗鞍まで(笑)

めばる君さま<
お?なにかと鋭いですねぇ。
今回かなりBRM321とつながる点がありました。
ルートが近いと言うこともありましたし、
リタイアしてスタッフの車で帰った道も同じでしたし。
HSさんが「あとは補給をうまくやることですね」ってアドバイス。
そうそう!西ウレ峠の…て話題に上りました。
乗鞍、みんなで行ってみんなでゆっくり登りたいですね。
タイムアタック無しの世界。
バカ言い合いながら、写真撮りながら。
硬派な坂馬鹿たちには無理な注文でしょうか(笑)
どちらでもお付き合いしますよ。ハードorソフト(汗)
  by らうむ木村
 
恵壱さま<
寒かったですぅ。冬用グローブとフェイスマスクなんて
冗談で持って行ったのに大活躍でした。
本当に雪が降ってもおかしくない感じでした。
他に人のブログを見てると、濃い霧とかだとゲートで止められるみたいですね。
ギリギリ良かったのかも?

山荘の名前!「位ヶ原山荘」ありがとうございます!
名前が分からなかったからネットで調べられず…。
http://www.kuraigahara.jp/
自転車乗りにも有名な山荘だったんですね。
そうですねぇ。在るのが残り5kmってところでしたか。
「もう少し」ってとこですよね。んで「5km」を「もう少し」って
感じてしまう自分がおかしかったです(笑)

そうですね。何度もトライしていい景色にめぐり合いたいですね。
恵壱さんみたいに確率が高ければいいんですがねぇ。
山は楽しいです。

HSさま<
そうそう、「突風」とかありましたよね。冷たい突風!
いや~、エコーラインはちょっと「タイムアウト」が気がかりだったことも
あってあんまり「のんびり」できませんでしたからね。
それはそれで楽しかったです。
本当に楽しかったです。数日経った今も余韻に浸ってるぐらいです。

あ~、やっぱりエコーラインの後半はきつかったんですね。
しかも30km登ってきて死にかけの脚ですからねぇ。
がんばりましたねぇ。しみじみ。
いや~楽しかった。40過ぎてこんなに楽しいことができるとは
人生も捨てたもんじゃないですな。

ええ、もーハワイだろうがハレアカラだろうが…って
「ハレアカラ」ググって見たら…
本当に行きたくなってしまいました。老後の楽しみかな?
宝くじが3億円当たれば、一緒に行きましょう。
もちろん費用はおごりますよ(笑)。

スーパーhiroちゃんさま<
私も下りで握力がなくなって…なんて初めての経験でした。
富士山でもそんなことなかったんですけどね。
安全優先で。もう少しだけ生きててもいいかなぁって頂上で思いましたからね。
そうとうなストレス発散にもなったんじゃないかと。

この歳になって胸張って「オレは頑張った!」って言える人少ないと思うんですよ。
自転車乗ってて良かった。
スーパーhiroちゃんは自転車以外でも頑張ってますもんね。
明日が本番ですね!ラストまで頑張ってくださいませ!
陰ながら応援しています!頑張れ~~!!

そしてそれが終わったら「自転車」も楽しみましょう!

yu-Gさま<
yu-Gさんこそおつかれさまでした!真の変態さんですね。
トレイルマラソン42kmって、おかしすぎです。
標高が低いって言っても1000m越えてますもんね。
でも寒かった。

そう、乗鞍登りたくなったきっかけは、お隣の野麦峠がきっかけでした。
「野麦+乗鞍」もいいですねぇ。
あ、「ダブル」は無しです。死にます。
でも今から来年の中部ブルベが楽しみになっています。
  by らうむ木村
 
野麦峠と乗鞍を絡めたコースだとこんな感じでしょうか?
前回の往復ビンタの経験からすると、乗鞍はエコーラインを上り、スカイラインで下るほうが快適なので、先に野麦峠を越えますか。
う~、今すぐにでも走りに行きた~い!

http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=816ff85bcc80f8aa31468850ab2d4eb5
  by HS
 
HSさま<
おお!これは!いいですね~。
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=816ff85bcc80f8aa31468850ab2d4eb5
あの野麦峠が前座レベルの小さな山に見えるのがおかしいですね(笑)
これはシネマスね~。
今年はまだいけると思うんですけど、もう麓から防寒着でしょうね。
来年の夏まで待てません!
  by らうむ木村
 コメント 
もう少し時期が早ければ、重装備じゃなく、上りも
(多少は)ラクだったかもしれませんね。

というコトで、
次回は晴れた日に「休憩ナッシング乗鞍ダブル」で!
新しい登山ですな。
目から鱗がポロん。

歩くほど時間はかからず、
車のようにあっと言う間でもない。
富士登山駅伝のごとく登って下ってもよし。
くち~ぶぇ~吹きつ~つ~♪えっほえっほ♪もよし。
わたしは、そんな登山を探していた。
(流れで・・・畳平で靴を履き替えて山歩きしているツワモノもハッケン!)
くー。これだったか。

いや。
とはいえ、まだまだ乗鞍にゃ行かないけど。
どんな登山にも訓練てありますからねー。
にしても、楽しそうデス。。。
あたしゃ、、また騙されてる?!
日野美歌がいきなり道路に飛び出してきて「氷雨」を歌いだしたら面白いけど・・・
そうなるとB級ホラー映画の世界だね・・・・(^_^;)

平湯温泉は良いよね~!!
湯元館も懐かしいなあ・・・向い側のお店で温泉卵買って食べたなあ・・・
あ~~~!!いかん!!行きたくなっている・・・・。
もちろん乗鞍ではなく平湯ですよ!!(汗)
すごすぎます…
以前、読んだBRM321の再現かと思いました…

が…

今回は無事ミッションクリアー^^

乗鞍は来年温かくなったら、誘ってください。
待ってます。

あっ。近場ならいつでもいいですよ^^
うわあー
やっぱり下りも上り返しも雨霧ですか。
そしてこの秋めいた時期で寒かったかと思います。
もう冬のあしあと聞こえてくるようなもんです。

位ヶ原山荘はポンプやローラー台も置いてある
山荘で野麦峠のお助け小屋的存在ですね。
丁度良いところにあって助かります。

次はぜひ雪壁と青空を拝めると良いですね。
何度か行けばいつかはそんな日にめぐり合えると思います。
エコーライン、後半の無口な区間・・・、思い出しました。正直、ちょっとつらかったっす。寒かったし、突風でハンドル取られるのも、久しぶりの感覚でちょっと怖かったです。
しか~し!やっぱりめちゃめちゃ楽しかったです。タイムトライアルでダブルは勘弁ですが、自分のペースでゆっくりでいいなら全然OKです。
行かない理由は思いつきません!温泉もサイコー!

家に帰って、ルートラボ見て冷静に考えると、スカイラインは、平湯温泉からの10キロで平均8パーセント、後半10キロが6.7パーセント、コレに対し、エコーラインは前半10キロが5.6パーセント後半10キロが7.5パーセント。
う~む、コレはスカイライン20キロ+エコーライン前半の10キロを上り、疲れている体に、ヒトケタの気温と、体が芯から冷えるほどの冷たい雨だったことを考えると、上りのラスト10キロはかなりのパンチですね。
40すぎのおっさん二人、頑張りましたよね。うんうん。

しかし、らうむさんは、ブロガー魂で、少ないとは言え、ちゃんと写真を撮っていてすごいですね。
で、次はどこにいつ行きます?僕はマウイ島のハレアカラに登りたいんですが。
らうむさん♪凄~い♪ 
スカイラインを上ったから エコーラインは延々下りで気持ちいいのだろうと思ってましたが 「ブレーキを掴む握力がなくなってきた。HSさんに知らせ休憩してもらった。」 そんなこともあるんですね 下りがしんどいなんて 今まで聞いたことが無いです
・・・でも 20kmも延々下るんですもんね そりゃそうですよね・・・
ハッ・・・∑∑( ̄□ ̄;)ってことは 上りは延々上りっぱなしなんですよね 
やっぱ恐るべし乗鞍です♪
最後の下りの写真 キツさがヒシヒシと伝わってきます
らうむさん 本当に頑張ったのですね♪ お疲れ様でした
次回は一緒に行きましょう♪
おつかれさまです。

やっぱり乗鞍も天気悪かったんですね~。
乗鞍のやや南側に居ましたが、標高の低い山でも寒くて×2、大変でしたもん。

次は、距離を稼いで野麦+乗鞍ダブル??
期待していますよw
ようさま<
いやーゆっくり登りますからねぇ、重装備でも軽くても
変わらない感じがします(笑)
とは言え、夏の乗鞍にも興味ありますね。
頂上で凍えずにゆっくりしたいです。
「休憩ナッシング」…もういっそのこと畳平の休憩も無しで
観光センターでも足着かずにUターンしてってのはいかがでしょう?
80kmずっと休みなし、足着き無し。
え~もちろん、ようさんが。私には無理無理(笑)

さかなさま<
ええまさに「登山」を意識しました。
ゆっくり安全第一、景色と空気を楽しんで。
現実はHSさんに「登山がこんなに苦しいわけないでしょ?」
なんて泣き言も入れてましたが(汗)
(登山はもっと苦しいかもです。)
3000m級の山岳をあんなに手軽に楽しめるんですからね、
やらない手はないですね。
本当の話、靴を背負って、カギも持っていって、手頃な魔王峠に
歩いて登りましょう!って企画はありました。
「往復ビンタ」とどっちにしよう?って(笑)
富士山は5合目までしか登れないけど、乗鞍は畳平近くの峠がいっぱい。
今度行きましょうよ、登りましょうよ。
バスでもいいですけどね、酔いそうで(笑)

まずは二之瀬ですね。二之瀬をゆっくり休憩しながら。
途中でおにぎり食べながら。もうシーズンですから。
誘ってくださいませ。本気で待ってます。

ラボ番しもせさま<
ホント(笑)ホラー映画に濃い霧がよく使われてる理由が分かりました。
それだけで恐い。日野美歌なら歓迎かも(笑)イヤ恐い!
お?平湯温泉体験者でしたか?
湯元館、ステキなたたずまいで、「泊まりたいな~」と。
温泉卵!!忘れてました!そっかー!しまった!
行きましょう行きましょう、温泉卵食べに、平湯まで。
ついでに乗鞍まで(笑)

めばる君さま<
お?なにかと鋭いですねぇ。
今回かなりBRM321とつながる点がありました。
ルートが近いと言うこともありましたし、
リタイアしてスタッフの車で帰った道も同じでしたし。
HSさんが「あとは補給をうまくやることですね」ってアドバイス。
そうそう!西ウレ峠の…て話題に上りました。
乗鞍、みんなで行ってみんなでゆっくり登りたいですね。
タイムアタック無しの世界。
バカ言い合いながら、写真撮りながら。
硬派な坂馬鹿たちには無理な注文でしょうか(笑)
どちらでもお付き合いしますよ。ハードorソフト(汗)
恵壱さま<
寒かったですぅ。冬用グローブとフェイスマスクなんて
冗談で持って行ったのに大活躍でした。
本当に雪が降ってもおかしくない感じでした。
他に人のブログを見てると、濃い霧とかだとゲートで止められるみたいですね。
ギリギリ良かったのかも?

山荘の名前!「位ヶ原山荘」ありがとうございます!
名前が分からなかったからネットで調べられず…。
http://www.kuraigahara.jp/
自転車乗りにも有名な山荘だったんですね。
そうですねぇ。在るのが残り5kmってところでしたか。
「もう少し」ってとこですよね。んで「5km」を「もう少し」って
感じてしまう自分がおかしかったです(笑)

そうですね。何度もトライしていい景色にめぐり合いたいですね。
恵壱さんみたいに確率が高ければいいんですがねぇ。
山は楽しいです。

HSさま<
そうそう、「突風」とかありましたよね。冷たい突風!
いや~、エコーラインはちょっと「タイムアウト」が気がかりだったことも
あってあんまり「のんびり」できませんでしたからね。
それはそれで楽しかったです。
本当に楽しかったです。数日経った今も余韻に浸ってるぐらいです。

あ~、やっぱりエコーラインの後半はきつかったんですね。
しかも30km登ってきて死にかけの脚ですからねぇ。
がんばりましたねぇ。しみじみ。
いや~楽しかった。40過ぎてこんなに楽しいことができるとは
人生も捨てたもんじゃないですな。

ええ、もーハワイだろうがハレアカラだろうが…って
「ハレアカラ」ググって見たら…
本当に行きたくなってしまいました。老後の楽しみかな?
宝くじが3億円当たれば、一緒に行きましょう。
もちろん費用はおごりますよ(笑)。

スーパーhiroちゃんさま<
私も下りで握力がなくなって…なんて初めての経験でした。
富士山でもそんなことなかったんですけどね。
安全優先で。もう少しだけ生きててもいいかなぁって頂上で思いましたからね。
そうとうなストレス発散にもなったんじゃないかと。

この歳になって胸張って「オレは頑張った!」って言える人少ないと思うんですよ。
自転車乗ってて良かった。
スーパーhiroちゃんは自転車以外でも頑張ってますもんね。
明日が本番ですね!ラストまで頑張ってくださいませ!
陰ながら応援しています!頑張れ~~!!

そしてそれが終わったら「自転車」も楽しみましょう!

yu-Gさま<
yu-Gさんこそおつかれさまでした!真の変態さんですね。
トレイルマラソン42kmって、おかしすぎです。
標高が低いって言っても1000m越えてますもんね。
でも寒かった。

そう、乗鞍登りたくなったきっかけは、お隣の野麦峠がきっかけでした。
「野麦+乗鞍」もいいですねぇ。
あ、「ダブル」は無しです。死にます。
でも今から来年の中部ブルベが楽しみになっています。
野麦峠と乗鞍を絡めたコースだとこんな感じでしょうか?
前回の往復ビンタの経験からすると、乗鞍はエコーラインを上り、スカイラインで下るほうが快適なので、先に野麦峠を越えますか。
う~、今すぐにでも走りに行きた~い!

http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=816ff85bcc80f8aa31468850ab2d4eb5
HSさま<
おお!これは!いいですね~。
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=816ff85bcc80f8aa31468850ab2d4eb5
あの野麦峠が前座レベルの小さな山に見えるのがおかしいですね(笑)
これはシネマスね~。
今年はまだいけると思うんですけど、もう麓から防寒着でしょうね。
来年の夏まで待てません!
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。