名古屋市を中心に自転車に乗っています。月間700kmが目標です。スピードよりもLSDロングライド志向です。

 

名古屋 川沿いポタリング

07< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>09
このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--
Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --    コメント: --
Posted on 00:31:57 «Edit»
2010
07/13
Tue
Category:読書感想

ヒルクライムレースが題材の小説 

51OLRJ-Hx1L__SS500_.jpg
高千穂遥著「ヒルクライマー」

(帯の紹介文)
-----------------------------------------
なぜ登る?登らないヤツにはわからない。されど、わかってほしい!
愛すべき坂バカの世界を描き尽くした日本初
自転車山岳レース小説
-----------------------------------------
1502円!この価格に躊躇していたが思い切って購入。
(「本は買って読むものだ」という信念があるので。) 1502円の価値はあった。
ただ文や内容がライトノベル風で軽いテンポでセリフ中心に進み
物足りない描写が多々あった。
高千穂先生なりに自転車の世界を知らない人にも分かるようにと気を使ったのだろうが
余計な気配りだったと思う。
だって「登らないヤツは登らないのだから」どっちにしろヒルクライムに興味のない人間は
この小説を手にすることはないだろうから。
高千穂先生なら、がんがんマニアックに筋肉の使い方や肺活量や血流のことを描写できたはず。
そしてそれを読む自転車好きな人は理解できたと思う。

ストーリーも自転車好き以外の人への遠慮がありありで、
なくてもいいんじゃない?ってスピンオフがあったり、
それのおかげで坂バカの日常が中途半端に割愛されたり、
う~ん、、、もったいないな~と。でも「日本初」ならしょうがないのか。
パイオニアは暗中模索の草分け人だからね。

とは言え、さすがキャリアの長いプロの作家さんである。
全体の構成、流れはバツグンで一気読みさせられてしまった。
昨日一日で300ページ近い小説を読みきってしまった。
うん、おもしろかった!感動した。

でも残念ながら、私と高千穂先生のイメージする「ヒルクライマー」は違うな、と。
そういうアスリート系、体育会系レース狂はどちらかと言うと「嫌い」だった。
でもこの小説を読んだ後はそういう体育会系「ヒルクライマー」も愛すべき存在だと理解できた。

てなわけで私からはみなさんにはオススメはしない小説である。
読んでも読まなくてもアナタの自転車好きは変わらないままだから。
 
らうむちゃんなら既に読んでるかもしれませんが、
自転車系小説では近藤 史恵 さんの「サクリファイス」も良かったですね。
ロードレースの世界で生きる日本人が主人公の小説ですが、
この題名の意味(自転車やってる人には良く分かる)がクライマックに
向けてとても重く響いてきます。
何でもそうだけど極めるという事はとても崇高なものだと感じました。

ジャンルはミステリーなんですがそういうの関係なく読めました。
続編が出てるのですがなかなか読む暇なくて・・・・。
「ヒルクライマー」も興味あるから久しぶりに本屋に行ってみよっかな(^◇^)
  by ラボ番しもせ
 
ラボ番しもせさま<
今ツールドフランス観てるとこです。ヒルクライムにダウンヒル、萌えました。
燃えましたじゃなく萌えました(笑)
ラボバンクのメンショフたちもかっこよかったですよ。
あ、そうそう「サクリファイス」!
びっくりしました。どこかで私を見てるんじゃないかと、キョロキョロ見渡しましたよ。
昨日から通勤電車の中で読んでるのが「サクリファイス」です。
まだ序盤ですが、いや~もうはまってます。おもしろいです。
これはオススメですね。ちゃんとした文体だし。
「ヒルクライマー」はどうかな~。そして本屋では売ってない(汗)
アマゾンで買いましたぁ。「サクリファイス」と「ロードレースの秘密」って本です。
この2冊は本屋でも売ってましたが。
なんなら「ヒルクライマー」差し上げますよ、ホントに。
  by らうむ木村
 
高千穂遥はちょっと宣教師的な感じなのが、
そう感じさせるのかもしれませんね。
最初に出してた自転車本が痩せるとか入門本だったので。
なるべく最近自転車に乗り始めた人とか、
ちょっと興味を持ち始めた人とかに読んで欲しかったのかも。

サクリファイスはちょっとえーって感じですね。
面白いしミステリィと言うのはどうかと思いますけど。
純粋にロードレースとしての小説は、
続編の「エデン」が面白かったです。

  by 恵壱
 連絡事項
25日予定を今夜ブログに書き込みます。
さっき書いたんですがアクセスが多くて書き込めなくて
書いた文章が消えてしまい夜まで書く気力がありません。
当日、興味がありましたら参加してみませんかね~
50代、60代参加の貧脚専用コースとなっております。
  by きんさん
 
恵壱さま<
高千穂さんは自転車が好き過ぎるんでしょうね。
おせっかいな情報までちりばめられてましたね。
ま~まだまだ自転車の世界には奥があるんだな~とは感じました。
その方向に行くかどうかは別として。

「サクリファイス」今3分の1ぐらいです。
文体は安心しますね。読み易いです。
「サクリファイス」が好きな人は「エデン」がちょっと物足りなかったようですが、
そっか、自転車(ツール)のことは「エデン」はたくさん書かれてそうですね。
まだ文庫本になってないので高いので(笑)
でも「サクリファイス」読み終わったら「エデン」も買います。
ありがとうございます。
もう「かもめチャンス」は買わないと思います。
乗鞍が終わってピストに行っちゃったので…。奥さんも死んでたし。

きんさんさま<
ごめんなさいごめんなさい!
音楽関係の人には内緒なんですが、
7/25にはしっかりと音楽の予定が入っておりました。
すっかり忘れてた(笑)残念。
50代、60代の人たちにも負ける私ですが一緒に走りたかったなぁ。
またの機会に参加しますね。ちょっと未練。
  by らうむ木村
 
ヒルクライマー、サクリファイス、自転車少年記は図書館で借りて読みました。エデンは予約中です。
自転車少年記は、子供の頃の自転車好きの自分と、ほんの少しダブって見えて、あ~そんな頃もあったな~、と遠い目をしてしまいました。


  by HS
 
HSさま<
おおっ!さすがですね。読覇済みでしたか。
昨夜「サクリファイス」読み終えました。
恵壱さんが書いたように「えーって感じ」でした(笑)
おもしろかったし、勉強になりました。
「エデン」、期待できますね。私も早速読もうかと・・・。
「自転車少年記」はどうなんだろ?自転車や冒険と縁のない私の少年記(汗)
なんだか羨ましくなってしまうだけのような・・・。
でも「エデン」の次は「自転車少年記」ですね。ブルベのモチベーションにもなればいいですね。
  by らうむ木村
 コメント 
らうむちゃんなら既に読んでるかもしれませんが、
自転車系小説では近藤 史恵 さんの「サクリファイス」も良かったですね。
ロードレースの世界で生きる日本人が主人公の小説ですが、
この題名の意味(自転車やってる人には良く分かる)がクライマックに
向けてとても重く響いてきます。
何でもそうだけど極めるという事はとても崇高なものだと感じました。

ジャンルはミステリーなんですがそういうの関係なく読めました。
続編が出てるのですがなかなか読む暇なくて・・・・。
「ヒルクライマー」も興味あるから久しぶりに本屋に行ってみよっかな(^◇^)
ラボ番しもせさま<
今ツールドフランス観てるとこです。ヒルクライムにダウンヒル、萌えました。
燃えましたじゃなく萌えました(笑)
ラボバンクのメンショフたちもかっこよかったですよ。
あ、そうそう「サクリファイス」!
びっくりしました。どこかで私を見てるんじゃないかと、キョロキョロ見渡しましたよ。
昨日から通勤電車の中で読んでるのが「サクリファイス」です。
まだ序盤ですが、いや~もうはまってます。おもしろいです。
これはオススメですね。ちゃんとした文体だし。
「ヒルクライマー」はどうかな~。そして本屋では売ってない(汗)
アマゾンで買いましたぁ。「サクリファイス」と「ロードレースの秘密」って本です。
この2冊は本屋でも売ってましたが。
なんなら「ヒルクライマー」差し上げますよ、ホントに。
高千穂遥はちょっと宣教師的な感じなのが、
そう感じさせるのかもしれませんね。
最初に出してた自転車本が痩せるとか入門本だったので。
なるべく最近自転車に乗り始めた人とか、
ちょっと興味を持ち始めた人とかに読んで欲しかったのかも。

サクリファイスはちょっとえーって感じですね。
面白いしミステリィと言うのはどうかと思いますけど。
純粋にロードレースとしての小説は、
続編の「エデン」が面白かったです。

連絡事項
25日予定を今夜ブログに書き込みます。
さっき書いたんですがアクセスが多くて書き込めなくて
書いた文章が消えてしまい夜まで書く気力がありません。
当日、興味がありましたら参加してみませんかね~
50代、60代参加の貧脚専用コースとなっております。
恵壱さま<
高千穂さんは自転車が好き過ぎるんでしょうね。
おせっかいな情報までちりばめられてましたね。
ま~まだまだ自転車の世界には奥があるんだな~とは感じました。
その方向に行くかどうかは別として。

「サクリファイス」今3分の1ぐらいです。
文体は安心しますね。読み易いです。
「サクリファイス」が好きな人は「エデン」がちょっと物足りなかったようですが、
そっか、自転車(ツール)のことは「エデン」はたくさん書かれてそうですね。
まだ文庫本になってないので高いので(笑)
でも「サクリファイス」読み終わったら「エデン」も買います。
ありがとうございます。
もう「かもめチャンス」は買わないと思います。
乗鞍が終わってピストに行っちゃったので…。奥さんも死んでたし。

きんさんさま<
ごめんなさいごめんなさい!
音楽関係の人には内緒なんですが、
7/25にはしっかりと音楽の予定が入っておりました。
すっかり忘れてた(笑)残念。
50代、60代の人たちにも負ける私ですが一緒に走りたかったなぁ。
またの機会に参加しますね。ちょっと未練。
ヒルクライマー、サクリファイス、自転車少年記は図書館で借りて読みました。エデンは予約中です。
自転車少年記は、子供の頃の自転車好きの自分と、ほんの少しダブって見えて、あ~そんな頃もあったな~、と遠い目をしてしまいました。


HSさま<
おおっ!さすがですね。読覇済みでしたか。
昨夜「サクリファイス」読み終えました。
恵壱さんが書いたように「えーって感じ」でした(笑)
おもしろかったし、勉強になりました。
「エデン」、期待できますね。私も早速読もうかと・・・。
「自転車少年記」はどうなんだろ?自転車や冒険と縁のない私の少年記(汗)
なんだか羨ましくなってしまうだけのような・・・。
でも「エデン」の次は「自転車少年記」ですね。ブルベのモチベーションにもなればいいですね。
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。