名古屋市を中心に自転車に乗っています。月間700kmが目標です。スピードよりもLSDロングライド志向です。

 

名古屋 川沿いポタリング

07< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>09
このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--
Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --    コメント: --
Posted on 22:51:17 «Edit»
2009
12/14
Mon
Category:仲間と

大多賀峠顛末記(2009/12/12) 

12月12日(土)mixiの仲間と大多賀峠を登りました。
toshiさん企画ですが、坂バカJimmyBさんやカンガルー遣いさんの提案で
オプションの大多賀峠ヒルクライムが加わったのです。
それは私にとって「オプション」ではなく「メインイベント」にふさわしいものでした。

---------------------
30443075.jpg
鶴舞公園からtoshiさんに曳いてもらいました。
ケガから復帰したばかりでリハビリライドだから「普通に走りましょう」と
走り始めたのに…あの~40km越えてるんですけどぉ。
合流場所の愛知池に着く頃には汗びっしょり。
30443085.jpg
この日は14人でのライド。
この企画がスタートしてのちょうど1年。同じ「香嵐渓行き」。
でも、オプションがオプションです。
お馴染みの面々の中でも剛脚が集まったような…。
(JimmyBさんは残念、体調思わしくなく欠席。)

香嵐渓に向かう巴川沿いのゆるやかな長い登りも彼らには「くだり」のようです。
余裕の足取りで35km巡航で突っ走ります。
私としては追い抜きざまに一人ずつに
「下りじゃないですよ、実は登ってるんですよ。」と間違いを正したかったのですが、
少しずつ小さくなっていく背中を見送るのが精一杯。

091212 (12)
そんなバカみたいなハイペースで香嵐渓を素通りし
091212 (13)
現れたるは大多賀峠。(この時点で68km走っております。)
距離11km、平均勾配5~6%。すっげ~長い登りです。

メーターで距離を見ながらえっちらおっちら登るのですが、
メーターが壊れたようです。全然進みません。(※メーターは壊れてません。)
100mが1,000mぐらいの感じ。
最初の1kmほどはバラけながらもみんなと一緒に走ってる感はありました。
トップ集団の背中は見えていました。伊達に最近、山ばかり登ってませんよ。
でも2km地点、前方に誰も見えなくなりました。
(正直なところ後ろにも数人居たのですがそれも見えない。)

3km地点。大きなカーブです。
きつそうな坂が現れました。前半の山場でしょうか!?
091212 (0021)
よ~し、これから先頭集団に追いつくぞぉ!

「加茂広域農道」の表札の下をくぐり、キツイ九十九(つづら)折れを
ぐはう!むはう!と登っていきます。
091212 (0015)
こりゃきつい!
ご丁寧に「10%」と書いた標識がイヤでも目に付きます。

トップ集団の背中~!どこだ~っ!ぐはう~!

メーターが「7.5km」を差したとき直線の登りの先で両手を振る黄色いジャージ。
おおっ!ナイトウさんだ。
ナイトウさんは、脚をショッカーたちに改造されて人造ライダーになってしまった
若いのに人間の疲れを知らないお気の毒な生き物です。

さすが~!

え?あれ?ひとり?それにまだ11km走ってないよ?

ナイトウ「間違ってますよね?」
私「・・・実はうすうす感じてました。でも…」

しばらくするともう一人、この日初対面のFeltの人が登ってきました。

私「間違ってますよね?」
Felt「実はそうじゃないかな~?と。でも…」

091212 (14)
(せっかくなのでパチリと2人の証拠写真)

toshiさんにもtAkEdAさんにも電波が届きません。(ケイタイのことです。エスパーではない。)
こちらは電波が届いてても、そっか~向こうが届かないと連絡取れないんだ。
一つ賢くなりました。
toshiさんの「留守番センター」に伝言を残します。

「あの~間違って加茂広域農道を登りきってしまいました。
これで満足して降りますのでスタート地点で落ち合いましょう。」

こんな当たり前の伝言を私がしゃべってる最中、ナイトウさんが
なにやら手を振りながら「いやいやいやいや」と人志風に「それはない!」とやっています。

「行きましょうよぉ。頂上まで。」

マジデスカ?ニンゲンノキモチアナタワスレタカ?
もう抗う元気も残ってません。
ナイトウさんが頂上でtoshiさんたちに
「降りて木村さんたちと合流しましょう」と言ってくれる、ということで
じゃ~とりあえず私らも登りますか・・・と。
「早く降りてきてくださいよぉ。」
(後にこのやり取りは言葉の行き違いで全然伝わってなかったことを知る。)

091212 (0016)
(加茂広域農道を下る、の写真)

また2km地点まで降りてえっちらおっちらと大多賀峠を登るはめに。
それにしても長い。
伊吹山、オレダメかも?

それでも降りて迎えに来るメンバー達の姿を待ちわびながら、
(数人ローディーとすれ違うもメンバーじゃなくてがっかりしたり)
この集まりのことをFeltさんに説明しながら登っていきます。

白いジャージのローディーが下りてきました!
『おおっ!みぶさんっ!』
Feltさんと二人で自転車をおり、
『やった!俺たちのゴール!ゴーールっ!』と喜び合います。

みぶさん
「??。いや頂上で待ってても寒いんで。ゴールまであと2~3kmですよ。」

みぶさんによると、
きよきよさんと二人で様子を見にくだって来たらしい、
そして、きよきよさんは途中で出会ったナイトウさんとまた登り返し、
みぶさんは私らを捜しに引き続き下りて来たらしい。
「ゴールは2~3km先。」間違いなく「正論」でした。
コレが北斗神拳の悪役なら全身から血を噴き出して「びやうっ!」と悶絶死していたところです。
残念ながら「漫画」ではなかったので、「寒い中震えながら待っている仲間達」のために
ペースアップして登る自分がいました。

しばらく走ったところで、後方でみぶさんと走っていたFeltさん、脱落。
「みんなが下りてくるのを待つそうです。」と伝えに来たみぶさんに
『じゃ、俺もそうするからみぶさん行っちゃってください』と言葉を返す前に
「オレもさすがにきついんでゆっくり行きます。らうむさん先に登ってっていいですよ。」
『へ??』ま~わざわざ下りて迎えに来てもらったみぶさんに反論は出来ません。
『よし!じゃ~いっきます!』と・・・。

あと1~2kmのはずななのに全然ゴールらしきものが見えてこない。
遠い。長い。きつい。ぜっひ~ぐ~!
「おおっ!くだりだ!やっほ~!」と走ったところが、よく見るとなだらかな登り。
ずっと登ってきたので錯覚を起こしたのです。

でも漕いでいればいつかは必ずたどり着く。それがヒルクライム。
たくさんの仲間が頂上で拍手して出迎えてくれました。
おどけてダンシングでスプリントをかけたけど1秒も持たずで、
片手を挙げて照れ笑いで応えます。
091212 (0018)
みょ~な達成感を味わいました!大多賀峠制覇!

くだりは濡れた路面と落ち葉に気をつけながらですが、気持ちよかったです。
10km以上もくだり続けるのは「くだり甲斐」がありますね。
ここで終わってれば、ですが・・・。

091212 (23)
(おまわりさん~ん!助けて~!)
(今回の坂ルート)
toshiさんが引っ張って来た先は名物「足助城の坂」です。
距離は1000mだけですが、平均斜度14%の怪物です。
大多賀峠で足を使いきった直後にコレです。
しかも路面は濡れているので、ダンシングで前加重で踏み込むと後輪がズリズリ。
太もも(ハムスト)がつり始めたので、こりゃやばい、と自転車をおり押して歩きました。
トータルで半分近く押して歩いたかも?
091212 (24)

途中で自転車の乗ろうとしてもうまくクリートをはめないと立ちゴケしてしまいそうで・・・。
091212 (27)
見てくださいこの画像。「壁を登る自転車」って感じです。
最大斜度は20%を超えていたようです。
091212 (30)
足助城制覇ならず!でも二度と来ません(笑)。
足助城跡の入場チケット売りのおじさんが「お?団体客だ。」と見守る中、
「足助城、満喫!」と門の中に入らず踵(きびす)を返します。
背後で「入らんのかいっ!?」と、つっこむおじさんの気配を感じながら。

091212 (34)
すっかり落ち葉模様の香嵐渓で昼食。
091212 (35)
そして向かい風の中、高速列車に乗って帰路に着きます。
時々、列車から放り出されます。そんな私を風除けになって引っ張ってくれたカンガルー遣いさん、
ありがとうございます。
カンガルー遣いさんによると「アシストの気分」だったそうですが
私はとても「エースの気分」にはなれませんでした。
精進せねば。と申し訳なく感じておりました。でもありがたかった。

toshiさんからも私のペダリングの分析とアドバイスをいただき感謝です。
なるほど!そこから少し楽になりました。

豊田市、愛知池辺り、天白川沿いでそれぞれ解散していきます。
おつかれさまでした。
私は自宅近くまでtoshiさんの鬼引きに太ももピキピキで食らいつき、
夕方、家に着くやシャワーを浴び、きゅ~~っと爆睡。
目が覚めて時計を見たら深夜2時。ビックリでした!

みなさん、ありがとうございました。
また懲りずにご一緒してください。

------------------
走行距離:138.08km
平均速度:21.8km/h
最高速度:53.3km/h
正味走行時間:6時間19分
------------------
 
ボクだったら、確実に死んでますね。。。

この日記読む前にルートラボで「大多賀峠」を検索したら、
らうむ先輩の、この添付ルートを発見。

あぁ、先輩やっちまったんだなぁ・・・って思ってましたよ(笑

なんだかんだ言っても、tAkEdAさんがいるのも笑えました。
  by よう
 
いまだに風邪気味で体調よろしくないJimmyBです。

みんなで登って、楽しそうだな~
大多賀峠に、足助城の坂。
登りたかったっす!!




  by JimmyB
 
私も、どっちだ?って 少し思いましたが、緩いほうの坂を
選んじゃいました。 坂バカ失格です...

みんなで長い距離走るときは、前にピッタリついて
足を貯めとくといいですよ。
貯めとくとイザというときに役に立ちますよ。
  by カンガルー遣い
 
ようさま<
いや~心がポキポキ折れながらも登らなければ
ならない状況になってしまいまして…
脚の色んなところがピクピク死んでました。
ルートラボ、新しくなって使いやすくなりましたね。
やっちまったのを「写真モード」をフルアップにしてふり返りましたよ(笑)
ホントtAkEdAさんがいるんですよ(笑)足助城の坂も、きっちり登りきってたし。
こっそり「伊吹山」もエントリーしてるんじゃないかと(笑)

JimmyBさま<
お身体大丈夫でしょうか?お大事に。
外は寒いので、ローラー台で汗を流すと早く治るかも?嘘です。
JimmyBさんがみえないんで寂しかったですよ。
帰り名古屋に着くころに薄暗くなって、toshiさんが
「JimmyBさんが参加してたら真っ暗な中を帰らなきゃいけなかったよね。」
って妙な心配をしてました。
私はもっと頑張らないとJimmyBさんと一緒に登れないので、
今度までに精進しておきます。

カンガルー遣いさま<
いえいえ、単なるバカです。道なりにそのまま行けばいいだけなのに。
「加茂広域農道」ってちゃんと書いてあるのに…。
坂バカはきっちりゴールの匂いがするほうへ行くのだと。
単なるバカ、反省です。
「貯めとく」ってなかなか難しいですね。脚を坂で使い切っちゃって
「ぴったり」から外れるとまた脚に鞭打って追いつかなきゃって。
「速く」「強く」そして「うまく」ですね。
レースはそういう要素が詰まってるのでしょうね。私の課題です。
でも楽しいです。ありがとうございます。
  by らうむ木村
 コメント 
ボクだったら、確実に死んでますね。。。

この日記読む前にルートラボで「大多賀峠」を検索したら、
らうむ先輩の、この添付ルートを発見。

あぁ、先輩やっちまったんだなぁ・・・って思ってましたよ(笑

なんだかんだ言っても、tAkEdAさんがいるのも笑えました。
いまだに風邪気味で体調よろしくないJimmyBです。

みんなで登って、楽しそうだな~
大多賀峠に、足助城の坂。
登りたかったっす!!




私も、どっちだ?って 少し思いましたが、緩いほうの坂を
選んじゃいました。 坂バカ失格です...

みんなで長い距離走るときは、前にピッタリついて
足を貯めとくといいですよ。
貯めとくとイザというときに役に立ちますよ。
ようさま<
いや~心がポキポキ折れながらも登らなければ
ならない状況になってしまいまして…
脚の色んなところがピクピク死んでました。
ルートラボ、新しくなって使いやすくなりましたね。
やっちまったのを「写真モード」をフルアップにしてふり返りましたよ(笑)
ホントtAkEdAさんがいるんですよ(笑)足助城の坂も、きっちり登りきってたし。
こっそり「伊吹山」もエントリーしてるんじゃないかと(笑)

JimmyBさま<
お身体大丈夫でしょうか?お大事に。
外は寒いので、ローラー台で汗を流すと早く治るかも?嘘です。
JimmyBさんがみえないんで寂しかったですよ。
帰り名古屋に着くころに薄暗くなって、toshiさんが
「JimmyBさんが参加してたら真っ暗な中を帰らなきゃいけなかったよね。」
って妙な心配をしてました。
私はもっと頑張らないとJimmyBさんと一緒に登れないので、
今度までに精進しておきます。

カンガルー遣いさま<
いえいえ、単なるバカです。道なりにそのまま行けばいいだけなのに。
「加茂広域農道」ってちゃんと書いてあるのに…。
坂バカはきっちりゴールの匂いがするほうへ行くのだと。
単なるバカ、反省です。
「貯めとく」ってなかなか難しいですね。脚を坂で使い切っちゃって
「ぴったり」から外れるとまた脚に鞭打って追いつかなきゃって。
「速く」「強く」そして「うまく」ですね。
レースはそういう要素が詰まってるのでしょうね。私の課題です。
でも楽しいです。ありがとうございます。
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。