名古屋市を中心に自転車に乗っています。月間700kmが目標です。スピードよりもLSDロングライド志向です。

 

名古屋 川沿いポタリング

04< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>06
このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--
Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --    コメント: --
Posted on 23:53:46 «Edit»
2009
09/25
Fri
Category:ポタリング

9/21 自走でビワイチ300km(琵琶湖1周編) 

(「自走編」より続き)

09092122 (88)
 
「自転車で琵琶湖1周」かねてからの憧れでした。
名古屋の自宅から自転車のみで琵琶湖まで走り
さらに琵琶湖1周しようという自分イベント、敢行しました。

自分ルール
----------------------------
・制限時間:1日(同じ日付のうち)
・ビワイチルール:長浜市豊公園を発着、反時計回り。
湖北の峠、トンネルを避けないこと。
南は最南端の橋「瀬田唐橋」を渡ること。
(後で「そのコースはビワイチじゃない!」なんて言われて後悔しないように。)
-----------------------------
9/21
午前10時 長浜市豊公園を出発!
09092122 (14)
計画では5kgもあるバックパックを長浜駅のコインロッカーに預けよう、と。
090913.jpg
でもこのバックパックはさすが自転車用に開発されたもの。(ドイターのパクリ?)
ここまであまり負担に感じなかったので、担いだままビワイチすることにする。
mixiの仲間から「リュックはやめたほうがいい。途中で琵琶湖に捨てたくなった。」
アドバイスは受けていたのだけど・・・。

湖北へ向かって順調に飛ばす。
歩道ではなく車道をメインに使う。
(自転車はどちらかといえば「歩道」を走るべき雰囲気。そのために広~い幅をとってるのだけど
たびたびの側道合流のときの段差が、がっちんがっちんツライのでスピードが出せない。)
ほどなく湖は視界から消え去り。そして10数km先にいきなり現れる登り。そしてトンネル。
登りはそれぞれが短く(1kmもないんじゃないかな?)、勾配もたいしたことない(3~4% ?)ので、
えっちらおっちら少し余裕で登る…が、
トンネルの怖いこと怖いこと。5つぐらい渡ったトンネルの2つは車道を渡る。
片側1車線で結構長く大型トラックが頻繁に行き来している。
そのトラック同士がすれ違うときの脇に自転車の私という最悪のタイミングが数回。
本当に肩から10cm右をトラックがぐお~っと通過する。
それに気をとられて自転車が右に少しでも傾いたら死ぬのは間違いない。
もうビクビクで「まっすぐまっすぐ」「気にしない気にしない」と前方のみに視線をやるようにした。
09092122 (15)
このトンネルは広い歩道が確保されている。ほっ。

「湖の周りなのに山道ばっか」 湖北はそんなイメージ。

下りきったところでアクシデント発生。うすうす「もしや?」とは…。
腰が痛い!ずっくんずっくん疼く感じ。
原因はそうバックパックだ。もともと弱い肩に負担をかけないよう
腰に負担をかけて背負うように調整していたのだ。
ようさんと違って(失礼)腰には自信があったのだ。さすがのその強靭な腰も悲鳴を上げたのだ。
09092122 (16)
「ぐおおお」と度々声を出しながらラジオ体操。回復にはだいぶかかった。
バックパックをもう背負いたくない。「捨ててしまいたい」ホントにそう思った。
肩と腰で負担を分けるようセッティングしなおした。
(この後も度々休み、腰と肩のストレッチを繰り返す。自転車に乗りながら腰を伸ばす方法も会得。)

さて湖東に向かう。
09092122 (17)
相変わらず車道を突き進む。
行き交うローディたちと挨拶、信号待ちでは一言二言の会話を交わしつつ。
でもあまりに単調、時折見える湖の景色もデジャヴかと思うぐらい変化に乏しい。
サイコンの距離が伸びない。休憩できるようなところが見当たらない。
09092122 (18)
しょうがないので道端の松の木の下に座り込み休憩。
さて再開。腹が減った。でも食えるところがない。コンビニもない。
自動販売機の100%ジュースでごまかしつつ、海の家をかねたレストランに駆け込む。
09092122 (26)
「とんかつ定食」1100円。う~ん予算オーバーだけど、しょうがない。
空腹のおかげかすごく美味かった。
単純な身体である。元気に走り出せた。
09092122 (27)
白髭神社?

…が次は都会地獄。
大津というところはさすがに県庁所在地。車は渋滞、しかも路肩無しな車道が続き、
時折歩道を借りて走るも歩行者が多く徐行。
この「大津」がかなり長く感じた。
この辺りも「湖岸ロード」はあるみたいなので、そっち走ったほうが速かったかも。

琵琶湖大橋を横目に
さらには近江大橋も横目にやり過ごす。

09092122 (30)
そして最南端の橋「瀬田唐橋」。ここでちょっと達成感。
これかな?と思ってナビで確認する私に青年が声をかけてきた。
エスケープR3(多分)でSPD-SLで、ヘルメットも本気のOGKだ。
『瀬田唐橋はここでいいんですよね?』
聞くと琵琶湖大橋を渡ってる最中に友達に電話したら
「いやもっと南の橋を渡らなきゃ」と言われたらしい。
『名古屋からですか!ぼく岡崎から(彦根前泊)ですよ!』
『琵琶湖一周をなめてましたぁ』
なんて話も弾み…でも時は夕方5時。もうすぐ日が沈む。
お互いのゴールまでまだ数十km。
「それぞれのペースで行った方がいいと思うんで、ではここで!」
と、よりゴールに遠い私は焦ってお別れ。
そういえば名前を聞かなかった・・・。

でも残り70km以上も残っている。しゃこしゃこしゃこ・・・
1時間走ってもちっとも進んだ気がしない。
09092122 (34)
日が沈んできた。しゃこしゃこしゃこしゃこ
09092122 (44)
日が沈んだ。しゃこしゃこしゃこしゃこ
09092122 (45)
そして…闇に包まれる。
このとき初めて気付いた。「街灯」がない!
広い歩道(さざなみ街道)をゆっくり走る。
09092122 (47)
明るいライトで随分助かった。でもスピードは怖くて出せない。
ふと、車道を猛スピードで走るクロスバイクに抜かれた。
さきほどの青年だ。
私もやっぱ車道かな?なんて車道を走った。
でも自動車のスピードが尋常じゃない。
狭い片側1車線なので怖い目に結構会う。また歩道に戻った。
(あの後、青年は警察(パトカー?)に「出来れば歩道を走りなさい」と注意されたそうだ。
その「注意」には突っ込みどころアリアリだけど、一理はある。)

全然進んだ気がしない。視界にはライトで照らされた数mの世界のみ。
時間が過ぎるのもゆっくりになった。ナビのおかげで残りの距離がわかる。
これが嫌な数字。本来なら明るいうちにゴールしてたはずだ。
「はずだ。」って甘く考えてただけだけど。
気の遠くなる距離、気の遠くなる時間(暗闇と疲労のせいだけど)・・・
やがてコンビニの看板が遠くに見えてきた。
おお!あそこでちょっと補給と休憩・・・!!!
!!!あっ!がっしゃんーー

前輪の2m先、ライトに映されたのは、側道に回りこんだ縁石!!
とっさの急ブレーキ急ハンドル、でも回避できず、縁石を飛び越え落車。
後頭部をガツンと地面に打ったけど、ヘルメットさまさま。なんともなかった。
ヘルメットは少し変形してた。
縁石と自転車の間に右足が…う・・・動かないっ。なぜ?
もしや、骨折?救急車?でもそんなに痛みは感じない・・・神経が切れた?
あ、ビンディングが外れてなかっただけだった。ばか。カシュッと外す。
結局、右足のくるぶしのところを少しすりむいただけで済んだ。
(打ち身はところどころあるけど大したことない)
自転車も大丈夫、リムも曲がってない。よし。
ブログに書くほどでもないぞ。(書いたけど)

その「はた迷惑」なコンビニに寄ると、また例の青年と再会。
そこでお友達?と待ち合わせしていたらしく、ここを「ゴール」にしたみたいだ。
そうここはもう「彦根」だったのだ。
「じゃ~長浜はもうすぐですね?」と安心する
土地勘のあるその友人、
『う~ん、1時間半も走れば着くでしょう。』
(い・・・一時間半??)と思いながらも、礼を告げ走り出した。
ありがとうございました。おかげで元気になれました。
あ、また名前聞くの忘れた。このブログのタイトル教えたから、ご縁があれば・・・。

で、また続く暗闇。
「みなさ~ん!ビワイチは明るいうちにゴールしましょうっ!」って
言ってやる、言ってやる。って誰に?どこで?なんてことまでは頭回らず
ひたすらシャコシャコ…。20km巡航がせいいっぱい。ママチャリかっ!
そして予言通り「1時間半」。
09092122 (49)
午後8時50分(スタートから10時間50分)
ゴールゴールゴーーールッ!
と叫んでくれるカビラさんもいなければ
誰一人としていない豊公園入り口で「し~~ん・・・」と
ゴールッ!

やりました!いまいち達成感に欠けますが…この「疲れ」はホンモノです。
--------------------------
走行距離 286.72km!
正味走行時間 13時間57分
平均時速 23.9km/h
最高速度 57.5km
--------------------------
09092122 (55)
走りきりました。つらかったです。琵琶湖はもうしばらく来なくていいです。
ごちそうさまです。満腹です。
でも琵琶湖1周という目標のおかげでこの距離を走れたと思います。
(途中でやめられないですものね。)
ありがとう琵琶湖。さようなら琵琶湖。でかいぞ琵琶湖。でかすぎるぞ琵琶湖。

でも琵琶湖はこれで許してくれなかった。
次回「闇の宿探し編」へ続く。
 
お疲れ様でした^^
琵琶湖大橋から南は走りづらいですよね。もう北湖一周(大橋渡り)
がストレスが無くてスキです。
彦根から豊公園が、なかなか遠くてイヤになります。

しかし300㎞を14時間!すごいです。
  by himiyoshi
 
himiyoshiさま<
ありがとうございます。あ~やはりそうなのですね。
「南」の街はつらかった。
ですよね~、最後の彦根と長浜(長浜に着いてからも豊公園まで)
全然距離がつまらない。止まってるんじゃないか?と思うほど。
いい経験でした。
今度は琵琶湖大橋を渡るルートにします。
  by らうむ木村
 
第2レポお疲れ様です。

賊ヶ岳トンネルは旧道を行きましょう。
実はこっちが安全でかつ絶景が拝めるのです。
次回の参考に。
http://chizuz.com/map/map2815.html
  by 恵壱
 
おお?「地図Z」?初めて知りました。すごい!
やっぱりですよね~。死ぬかと思いましたもん。
他に自転車見ないし。
イヤホント次回行きません。避けます。
「絶景」も今度の楽しみ♪←景色楽しむ余裕がなかったOrz
  by らうむ木村
 コメント 
お疲れ様でした^^
琵琶湖大橋から南は走りづらいですよね。もう北湖一周(大橋渡り)
がストレスが無くてスキです。
彦根から豊公園が、なかなか遠くてイヤになります。

しかし300㎞を14時間!すごいです。
himiyoshiさま<
ありがとうございます。あ~やはりそうなのですね。
「南」の街はつらかった。
ですよね~、最後の彦根と長浜(長浜に着いてからも豊公園まで)
全然距離がつまらない。止まってるんじゃないか?と思うほど。
いい経験でした。
今度は琵琶湖大橋を渡るルートにします。
第2レポお疲れ様です。

賊ヶ岳トンネルは旧道を行きましょう。
実はこっちが安全でかつ絶景が拝めるのです。
次回の参考に。
http://chizuz.com/map/map2815.html
おお?「地図Z」?初めて知りました。すごい!
やっぱりですよね~。死ぬかと思いましたもん。
他に自転車見ないし。
イヤホント次回行きません。避けます。
「絶景」も今度の楽しみ♪←景色楽しむ余裕がなかったOrz
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。