名古屋市を中心に自転車に乗っています。月間700kmが目標です。スピードよりもLSDロングライド志向です。

 

名古屋 川沿いポタリング

03< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>05
このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--
Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --    コメント: --
Posted on 22:04:28 «Edit»
2009
06/12
Fri
Category:読書感想

一番オススメの入門書 

自転車の入門書を手当たり次第読み漁る私のようなタイプは
本ごとに当たり外れがあっても、それはそれで受け入れられる。

でも大抵の人は、できれば1冊の入門書で済ませたいのだと思う。
それで買ってきた1冊が「はずれ」だったら…

そんな失敗をしないために。
これからロードバイクに乗りたい、またはロードバイクに乗り始めた人への
最良の入門書が、、、これだ!

自転車乗り快走ノウハウ―基本から応用まで
(るるぶDo!) 監修 高村 精一

これは誰にでも「アタリ」の本だと思います。
「自転車入門書」は全て読みました。
結果、今でもちょくちょく読み返して「うん、うん、なるほど」とやってるのがこの本だけなのだ。

入門書を1冊しか買いたくない人は迷わずこの本です。
 
お怪我の具合は如何でしょうか・・・

このまえアンカー号の様子も見てきましたが・・・
予想に反して症状はけっこう重そうですね・・・;;


>入門書
自転車始めた頃に読みふけったのは”自転車野郎養成講座”と”自転車漂流講座”でした・・・だから俺の根っこというか柱は”自転車旅行”ですw
こういう最初に触れた本によっても後の方向性ってきまっちゃうもんですねぇ・・・
  by pan
 
panさま<
ありがとうございます。アンカー号、見ていただきましたか。
修復は可能なようですが、フロントフォークがどうもいっちゃったみたいだから
フレームもあやしい…って感じで、やっぱり重症ですねぇ。
人間は勝手に「日にち薬」で治るのに…
(普通に近く歩けるようになりました。まだ走れませんが、もうすぐだと)

>”自転車野郎養成講座”と”自転車漂流講座”

なんですか?そんなコアな…というか面白そうな。
読んだことも、本屋で見かけたこともないです。「漂流」で北海道まで…
でも正直、その気持ちがだんだんわかりかけてきたような…
でも速く遠くってのも極めたい。
私の方向性はまだ定まっていませんが、いろんなところにハマってあがきたいです。
  by らうむ木村
 この本
おじゃまします。
この本を企画して編集しました。
2年以上前につくった本を評価していただいてうれしくて、コメントしてしまいました。

私は2000年に高村さんに自転車を組んでもらったんですが、本の企画を出してくれという話がJTBさんからあったとき、自分が自転車(ロードバイク)を初めて買うときに知りたかったことをすべて網羅した本をつくりたいと思って項目を考えました。

本当は「ロードバイクの入門書」ということがわかるタイトルにしたかったのですが、却下されました。
そして本当は、サイクリングコースの原稿など、もっと文章が多くて、おもしろいことが書いてあって…、やめときます。JTBさんの担当者がこれ読んだら全殺し(半殺しの倍)にされてしまうので。

ありがとうございました! 本当にうれしいです。
  by uke
 
びっくり!です。編集のかた御自らのコメントなんて。
編集のかたからして相当な「自転車乗り」だったのですね。なるほど。
だから的確なんですね。
この本、未だに壁にぶつかると(洗車とか注油とかのレベルですが)
ペラペラとめくって、さながらバイブルと化してます。
ホント知りたいことなんでも教えてくれてますよ。
そうそう、ツールドフランスで「ハスル」の説明があって、
「あ、オレ知ってる」と優越感に浸らせてくれました。
この本で「しまなみ海道」のことも知りました。憧れになりました。
もっともっと知りたいですね。こういう本なら分厚くたって読みますよ。
2年前より更に今「ロードバイクブーム」だと思います。
もう1冊思いっきり分厚いのを出すと売れると思いますよ。無責任ですが。
今後もukeさんのご活躍を期待しています。ありがとうございました。
  by らうむ木村
 コメント 
お怪我の具合は如何でしょうか・・・

このまえアンカー号の様子も見てきましたが・・・
予想に反して症状はけっこう重そうですね・・・;;


>入門書
自転車始めた頃に読みふけったのは”自転車野郎養成講座”と”自転車漂流講座”でした・・・だから俺の根っこというか柱は”自転車旅行”ですw
こういう最初に触れた本によっても後の方向性ってきまっちゃうもんですねぇ・・・
panさま<
ありがとうございます。アンカー号、見ていただきましたか。
修復は可能なようですが、フロントフォークがどうもいっちゃったみたいだから
フレームもあやしい…って感じで、やっぱり重症ですねぇ。
人間は勝手に「日にち薬」で治るのに…
(普通に近く歩けるようになりました。まだ走れませんが、もうすぐだと)

>”自転車野郎養成講座”と”自転車漂流講座”

なんですか?そんなコアな…というか面白そうな。
読んだことも、本屋で見かけたこともないです。「漂流」で北海道まで…
でも正直、その気持ちがだんだんわかりかけてきたような…
でも速く遠くってのも極めたい。
私の方向性はまだ定まっていませんが、いろんなところにハマってあがきたいです。
この本
おじゃまします。
この本を企画して編集しました。
2年以上前につくった本を評価していただいてうれしくて、コメントしてしまいました。

私は2000年に高村さんに自転車を組んでもらったんですが、本の企画を出してくれという話がJTBさんからあったとき、自分が自転車(ロードバイク)を初めて買うときに知りたかったことをすべて網羅した本をつくりたいと思って項目を考えました。

本当は「ロードバイクの入門書」ということがわかるタイトルにしたかったのですが、却下されました。
そして本当は、サイクリングコースの原稿など、もっと文章が多くて、おもしろいことが書いてあって…、やめときます。JTBさんの担当者がこれ読んだら全殺し(半殺しの倍)にされてしまうので。

ありがとうございました! 本当にうれしいです。
びっくり!です。編集のかた御自らのコメントなんて。
編集のかたからして相当な「自転車乗り」だったのですね。なるほど。
だから的確なんですね。
この本、未だに壁にぶつかると(洗車とか注油とかのレベルですが)
ペラペラとめくって、さながらバイブルと化してます。
ホント知りたいことなんでも教えてくれてますよ。
そうそう、ツールドフランスで「ハスル」の説明があって、
「あ、オレ知ってる」と優越感に浸らせてくれました。
この本で「しまなみ海道」のことも知りました。憧れになりました。
もっともっと知りたいですね。こういう本なら分厚くたって読みますよ。
2年前より更に今「ロードバイクブーム」だと思います。
もう1冊思いっきり分厚いのを出すと売れると思いますよ。無責任ですが。
今後もukeさんのご活躍を期待しています。ありがとうございました。
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。