名古屋市を中心に自転車に乗っています。月間700kmが目標です。スピードよりもLSDロングライド志向です。

 

名古屋 川沿いポタリング

08< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>10
このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--
Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --    コメント: --
Posted on 12:34:05 «Edit»
2009
05/30
Sat
Category:練習

二之瀬越えを二度越え 朝だけプラン 

先週の回想シーン…
二之瀬をビリで死ぬ思いで登った私。
琵琶湖につく頃には「回復」し調子に乗って
「帰りにまた二之瀬登ってもいいかもよ?」
「帰りにまた二之瀬登ってもいいかもよ?」
「いいかもよ?」
・・・・・・・

実は「山越え琵琶湖行き」の企画者の最初の案は
「帰りも二之瀬越え」だったのである。変更したんだけど。
---------------
さてお父さん、せっかくの休日なのに、
いつも朝から晩まで自転車に乗って家族に疎まれてませんか?

今日は
「山を死ぬほど満喫、貸切無料足湯つき、午前10時30分までに帰宅ツアー」
のご紹介です。

モデルは
「5/30(土)午後から用事がある名古屋市在住のオヤジ」です。

年をとると朝目が覚めるの早くなりますよね?
目覚めるままに起きましょう(笑)。

午前5:00 起床
さ、出かけましょう。

自転車をクルマに詰め込み、
5:30出発

6:30 道の駅「月見の里南濃」到着
名古屋市からは40kmほど。クルマだと1時間で着きます。

トイレを済ませ、クルマから自転車をおろします。
6:40 自転車で出発です。


SANY0461.jpg
まずは二之瀬の頂上「庭田山頂公園」までサイクリング♪
SANY0463.jpg
景色を楽しみながら、鼻歌まじりでのんびりと♪
SANY0464.jpg
7:25 公園入り口で記念撮影
なぜか噴出す汗、ふらつく足、落ち着かない心臓、
ちょっと休憩しましょう。
公園の奥まで行くと…
SANY0465.jpg
こんなベンチが(自転車が乗ってるのがベンチです。すみません。)
ここでステキな景色を眺め、おいしい空気を深呼吸でいただきます。
こんな早朝で山頂の公園の奥、大抵はあなた一人です。独り占めです。

7:40 再出発です。
さ~戻りま…せん!
二之瀬をさらに奥、つまり三重県側へ進んで行きます。
090530 (10)
山頂公園から数十mで県境です。三重県入りです。

ここからはず~~っと下りです。
帰りを待つ(?)家族の顔を思い浮かべ、慎重に且つちょっと大胆に下ります。

4kmほど下ると集落があります。
090530 (6)
下りきった感じがする頃、待望の自販機が!
ちょうどいいのでここを折り返し地点とします。

え?折り返し? 
そうです、今下ってきた来た道をただおもむろに登るのです。
090530 (7)
ジュースも飲んで
8:00 折り返します。

090530 (8)
三重県側からの登りは、そんなにきつくないです。
が、砕石場がところどころにあり、そこに出入りするトラックがちょっと危険なことと
景色がダイナミックじゃないのが残念です。
でも走りやすい登りです。

090530 (9)
8:20 なんだか「オレ坂に強くなったかも?」なんて勘違いするほど
比較的(岐阜県側からの登りと比較)たやすく頂上へ。4kmだし。(岐阜県側からは6km)

さ、岐阜県側へくだります。
090530 (14)
広がるパノラミックな山と道と谷、空、雲。
ゆっくりと下りながら楽しみましょう。

8:50 道の駅「月見の里南濃」到着
自転車をクルマに積んで、トイレ済ませて、ジュース買って・・・
090530 (15)
道の駅の中央にある「足湯」。
この足湯、「8:30オープン」なので、一番風呂で貸切です。
090530 (17)
温泉(南濃温泉)です。ジェット水流です。
きんもちいい!10kmもの登りで酷使した脚に効きます。
血液がお湯と入れ替わる感覚です。(←想像禁止)

うたたね必至。

9:20 「月見の里」発
090523 (73)

そして
10:30 自宅着

後は普通の休日のように過ごせます。
もうこの日は自転車乗らなくても、禁断症状が出ることはありません。
なにしろ、登りも下りも遠出も温泉もすべて満喫済みなのだから。

(帰宅後2時間後には、こんなブログまで書き終わってるのだ。)


 
らうむ木村のお父さんライダーの為の「山を死ぬほど満喫」講座でした。
拍手、拍手。
感じてはいましたが。やはり、坂何とか・・でしたね。
私も60才までにはと・・・無理ですかね。
  by ペダルイ2号
 
こんにちは。
なんて素敵なツアーなんでしょう♪
今度、僕も同じツアーを体験してみようと思います。

最後の足湯なんて最高ですね♪
  by しんずば
 
ペダルイ2号さん<
いや~すみません。文ではちょっと見栄張っちゃいました。
実際は最初の登りで「ひきかえそう」「誰も見てないし…」が
100回ぐらい。「ブログのネタだし」「せっかくここまで来たんだし」でようやく頂上へ。
で、頂上でも「このままクルマへ帰ろう」と真剣に考えました。
「ブログのネタだし」「せっかくここまで来たんだし」で三重県側へ…。
ベンチに座ってうなだれて、汗が地面にポタポタと。オレなにやってるんだろ?って。
まだまだ「坂何とか」には成れてませんねぇ。
ペダルイ2号さんはすでにそうじゃないかと、大将と話しましたよ。
でも私もいつかはなりたいと。
50歳までには(笑)

しんずばさん<
こんにちは。いやあお恥ずかしい。二之瀬を30分切れない私が偉そうに。
でもあの挫折感、心の葛藤、人間ってなんだろ?人生って?なんて
哲学まで一気にいざなうあの坂登りって、後でじわじわアドレナリンが出てくるんですよね。
あまりに二之瀬の近くから走り始めるから、身体が温まらず、うまく身体が機能しないのがいいのかも?知れません。
足湯は「ふいぃ~」なんて声が出てしまうので、お気をつけて(笑)
お父さん、家族のために是非おためしあれ。
  by らうむ木村
 コメント 
らうむ木村のお父さんライダーの為の「山を死ぬほど満喫」講座でした。
拍手、拍手。
感じてはいましたが。やはり、坂何とか・・でしたね。
私も60才までにはと・・・無理ですかね。
こんにちは。
なんて素敵なツアーなんでしょう♪
今度、僕も同じツアーを体験してみようと思います。

最後の足湯なんて最高ですね♪
ペダルイ2号さん<
いや~すみません。文ではちょっと見栄張っちゃいました。
実際は最初の登りで「ひきかえそう」「誰も見てないし…」が
100回ぐらい。「ブログのネタだし」「せっかくここまで来たんだし」でようやく頂上へ。
で、頂上でも「このままクルマへ帰ろう」と真剣に考えました。
「ブログのネタだし」「せっかくここまで来たんだし」で三重県側へ…。
ベンチに座ってうなだれて、汗が地面にポタポタと。オレなにやってるんだろ?って。
まだまだ「坂何とか」には成れてませんねぇ。
ペダルイ2号さんはすでにそうじゃないかと、大将と話しましたよ。
でも私もいつかはなりたいと。
50歳までには(笑)

しんずばさん<
こんにちは。いやあお恥ずかしい。二之瀬を30分切れない私が偉そうに。
でもあの挫折感、心の葛藤、人間ってなんだろ?人生って?なんて
哲学まで一気にいざなうあの坂登りって、後でじわじわアドレナリンが出てくるんですよね。
あまりに二之瀬の近くから走り始めるから、身体が温まらず、うまく身体が機能しないのがいいのかも?知れません。
足湯は「ふいぃ~」なんて声が出てしまうので、お気をつけて(笑)
お父さん、家族のために是非おためしあれ。
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。