FC2ブログ

名古屋市を中心に自転車に乗っています。月間700kmが目標です。スピードよりもLSDロングライド志向です。

 

名古屋 川沿いポタリング

02< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>04
03月の記事一覧
Posted on 23:29:25 «Edit»
2009
03/09
Mon
Category:坂

「坂」は長くなくっちゃ 

私の家(マンション)は丘の中腹にある。
周りはお寺だったり墓地だったり。
ハウジングセンターだったり大学だったり。

なにを言いたいかというと、
こういう地域は「坂」が多い!ということ。

手っ取り早く「坂」の練習、とばかりに
向かうは、名古屋では有名な「八事霊園」(やごとれいえん)

090309 (3)
自転車に乗って数分でこの風景なのだ。
(写ってるバスは火葬場に団体さまをお連れするもの)
幸いクリスチャンの世界には「幽霊」なるものは存在しないので
怖いとか気持ち悪いとか一切なし。(実家の島は土葬だったな~)

この霊園をぐるっと周ると
090309 (5)
こんなステキな道。3パーセント程度ののぼりが400mほど。
人が歩いてるのを見たことがないので
広くて走りやすい歩道を堂々と走る。
ウォーミングアップにちょうどよい。

そして山を下りる。下りのジェットコースター、ひゃあ、楽しい。
ハイ、戻るよ。
090309.jpg
どん!そう、結構な傾斜(多分5~6%)ののぼりが1km近く続くのだ。

ぜっひぃぜっひぃひっぎ~と耳障りな呼吸でがんばる。
登りきったご褒美にはたいてい「絶景」・・・

090309 (2)
絶景。墓墓墓墓・・・

最近ではこの距離ののぼり坂では物足りなくなった。
肉体的には確かにきついけど、精神的にね。なんか。

例えば、猿投グリーンロードの登りは3km続く。
岐阜の二之瀬は6kmだ。

ロングライドやブルベでは10km超の登りは「当たり前」みたいな・・・
今度参加するグランフォンド福井も10kmを超えるのぼりが
ゴール前にあるらしい。

1km未満じゃ、まだ麓(ふもと)じゃん。

傾斜よりも「距離」のある坂を登らないと「練習」にならないのでは?
と思えるようになってしまった。
もしや「坂」初心者脱出かもよ?

まずは「猿投グリーンロード→猿投山」に挑戦してみようかな?
つらいだろうな・・・
スポンサーサイト



tb: (0)    コメント: (2)
 あー
まいどー

ああ、らうむさんが何処に御住まいなのか大体分かってしまう・・・
そんなオイラは山寄りに住む昭和区民・・・(^^;

写真の風景辺りはオイラもたまに走りますよー
といか近場でのんびり走れるのがお墓の周りだけっていうのも寂しい気がしますが・・・;;
八事の山辺りは夏なんか涼しくていいですよね。
あ、オイラも幽霊怖くない人なんで気にしませんw
家は仏教ですが個人的には神道気取ってますので幽霊でも神様でもフレンドリーな気持ちでいます(アバウト・・・

>距離のある坂~
近場にもっと山らしい山があればいいんですけどね・・・
夏なんかだったら養老の滝手前の湧き水を目指して行くといい感じの上りがありますが・・・
あとは南濃の方から養老山脈を越える道があった気が・・・オイラはいったことないけれど;
近場の山といったらそっち方面でしょうね。
坂を上る!という観点から考えるとは広大な濃尾平野が少々恨めしく思えてきたりこなかったりと言ったところですねぇ・・・

ではでは~
  by ぱん
 墓場
ぱんさん、そうですか、さすが昭和区民、
八事霊園はテリトリーですね。
山よりということは、坂を登らないと家に帰れない
帰宅トレーニングで強くなるパターンですね(^^
夏、涼しいんですね。いいこと聞きました。夏もぶらぶらします。
私が通ってた自動車学校はあの坂の上のあそこです。
養老山地攻めですか。興味ありますね。
二之瀬も養老の滝もじっくりと登って遊んでみたいですね。
あとは逆方向に向かって「茶臼山」を攻めてみようかと、
思ってるだけです。思ってるだけ。
では墓場で会いましょう!
  by らうむ木村
Posted on 00:32:25 «Edit»
2009
03/09
Mon
Category:パーツ&ウェア

LEZYNEのサドルバッグ 

雨、雨、野暮用、雨・・・なんやかんやで
ほぼ1週間、自転車に乗れず・・・

今日、日曜日は雨の予報がくつがえり
いい天気に…

高橋尚子が近所を笑顔で軽やかに走るのをテレビで観ながら
「う~んっ、オレも走ってくる」
かみさん「どこに行くの?」
「じゃあ、カトーサイクルまで」

なんて衝動的に自転車に飛び乗りカトーサイクルへ。

そう、「サドルバッグ」が目的。
カトーさんではサドルバッグは常時、数十種類も展示してある。

サドルバッグコーナーで悩む・・・悩む・・・悩む。

容量。(チューブ、工具、カギなどが収まるとなると結構大容量?)
見た目。(色、形、安っぽくないもの。やっぱり黒。)
デザイン。(出来ればみんながつけてないような)
サイズ。(ペダリングを邪魔しないように)

30分は一人で悩んでたと思う。

ようやく決まった。

LEZYNE(レザイン)」という新進気鋭の工具メーカーのサドルバッグ。
lezyne_l_caddy_gy.jpg

L-CADDYのブラック。

買った帰りの天白川のベンチで待ちきれずに交換。(コドモか)

090308 (4)
横からの比較。そう変わらない・・・。

090308 (5)

後ろから。幅が半分!

Before↓
090308 (3)

After↓
090308 (6)
あんまり変わらん?中身は同じだけ入ったしね。
デザインは自己満足的な部分もあるし…。個人的には「かっこいい!」と…。
090308.jpg
ウン、渋い!なんか宇宙的な、飯ごう的なメランコリックな感じ。

ほら!
090308 (7)
幅がスマート!
ペダリングの邪魔しません!しようがないです。
ペダリング中、サドルバッグの存在を忘れます。

お値段はお高めの3360円!
でもいい買い物しましたよ。

tb: (0)    コメント: (0)